韓国で来年開催される平昌冬季五輪の聖火が31日午後6時(日本時間)、ギリシャ・アテネで五輪組織委員会に引き渡された。写真は韓国行きの航空機に運び込まれた聖火。聖火は11月1日に仁川国際空港に到着する=31日、アテネ(聯合ニュース)
(END)
【仁川聯合ニュース】2018年平昌冬季五輪の開幕までちょうど100日となった1日、古代五輪発祥の地、ギリシャのオリンピア遺跡で採られた聖火が韓国に到着した。

 五輪の聖火が韓国を訪れるのは1988年のソウル夏季五輪以来。

 同日午前8時半に仁川空港に到着した聖火は盛大に迎えられ、早速リレーをスタートした。平昌五輪開催年を示す2018キロを7500人の走者がつなぐ。走者の数は韓国と北朝鮮を合わせた人口7500万人を意味する。

 聖火は来年2月9日、平昌五輪の開会式が開かれる北東部、江原道・平昌のオリンピックプラザの聖火台に点火される。