ACL決勝に進出している浦和 photo/Getty Images

写真拡大

11月10日のブラジル戦と11月14日のベルギー戦に向けて10月31日に発表された日本代表メンバーの中には、アジアチャンピオンズリーグで決勝にまで進出した浦和レッズの選手が多く入っていた。GKには西川周作、DF槙野智章、MF遠藤航、長澤和輝、FW興梠慎三の5人だ。西川、槙野、遠藤はこれまでもヴァイッド・ハリルホジッチ監督から何度も招集されてきた選手だが、長澤と興梠はフレッシュな人選だ。特に長澤はACLでのパフォーマンスをハリルホジッチ監督から高く評価されていた。

しかし気になるのは、その肝心のACL決勝1stレグが18日に行われるということだ。18日は決勝の対戦相手であるサウジアラビアのアル・ヒラルのホームで戦うことになっており、14日のベルギー戦から間隔が短い。試合でどういう起用法をされるかにも左右されるが、移動距離などを含め浦和にとっては嬉しくない招集メンバーかもしれない。

これには韓国『スポーツソウル』も驚いており、「浦和は難しい状況に置かれた。ベルギー戦の4日後に決勝1stレグを戦うのに、レギュラーメンバーが5人も招集された」と報じている。韓国はACL、さらには昨年のクラブワールドカップでレアル・マドリードを追い詰めた鹿島アントラーズなどJリーグのクラブが国際舞台で結果を出していることに注目していて、今回ACLで決勝まで進んだ浦和のこともJリーグの復活かと大きく取り上げていた。それだけに、決勝前に5人も代表招集を受けたことは衝撃だったようだ。

ハリルホジッチ監督も浦和側とコンタクトを取っていることを明かしており、ACL決勝の重要性を理解している。それだけ今回のACL準決勝で中国の上海上港を撃破するなど浦和の選手たちの能力が高く評価された証と言えるが、今回の代表招集はアル・ヒラルとの決戦に何らかの影響を与えるのだろうか。今回の動きには韓国も注目している。