トヨタ・ハイラックスは荷物を搭載できるピックアップトラックとしての魅力に合わせて、ハードなオフロードでの高い走破性を誇るクロスカントリービークルでもあります。トラックだから買うのではなく、そのオフロード性能が欲しくて購入するユーザーも数多く存在します。

今回はトヨタ系クロスカントリー施設である「さなげアドベンチャーフィールド」からクロスカントリーセクションとインストラクターが出張し、短い距離ながらクロカンセクションを試すことができました。

まず、ATのセレクトレバーはNレンジに入れ、続いてステアリングコラム左下にあるトランスファーの切り替えスイッチを押しながら右回りに回して「L4」モードを選びます。さらにトランスファーの切り替えスイッチの左下にあるリヤデフロックのスイッチをオンにすることで、リヤデフをロック状態とすることができますが、今回の走行ではデフロックは行わずに行いました。

最初に走ったのはレール状に配置された丸太に左右のタイヤを乗せて、乗り越えるセクションです。左右の高低差が大きくなる場面ではリヤ片輪が浮き上がる状況となりました。サスペションストロークはたっぷり確保されていますが、その限界を超える意地悪な障害物の設定です。しかしながら3輪が接地しているので、駆動力は伝わり脱出が可能でした。

そこから大きくUターンして次のセクションに向かいます。このUターンではパートタイム4WDらしい、タイトコーナーブレーキング現象を味わいました。

さて次は丸太で組まれた障害物に片側のタイヤを乗せて走るセクションで、途中でトラクションが抜けてしまう場面に出くわしましたが、アクセルペダルを踏んでいくと空転しているタイヤにのみ自動的にブレーキを掛けて残りのタイヤに駆動力を伝える「アクティブトラクションコントロール」が働き、なんなく脱出しました。

わずかな時間と距離でのクロスカントリー試乗となりましたが、その懐の高さは十分に実感することができました。走破性に関してはかなり高く十分な性能を秘めています。また、リヤデフロックでさらに向上することができますし、タイヤもよりマッドなタイプにすることができます。

(諸星陽一)

【関連記事】

【新型ハイラックス試乗】13年ぶりに発売されることになった日本が誇るピックアップトラック
https://clicccar.com/2017/11/01/521186/

【新型ハイラックス試乗】いきなり乗ったクロカンセクションでも余裕の走りを披露(http://clicccar.com/2017/11/01/523354/)