画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米Appleは10月31日 (現地時間)、watchOS 4のアップデート「watchOS 4.1」の提供を開始した。

watchOS 4.1の最大の強化点はミュージック機能だ。Apple Watch Series 3で、Apple MusicまたはiCloudミュージックライブラリからの音楽のストリーミング再生が可能。Siriが、曲、プレイリスト、アルバムなどの検索をサポートする。また、新たに追加された「Radio」アプリでBeats 1や他のステーションを聴取できる。これまでApple Watch単体で音楽を聴くには、iPhoneでプレイリストを指定し、あらかじめApple Watchのストレージに音楽を転送しておく必要があった。

また、Apple Watch Series 3 (GPS+Cellularモデル)で、コントロールセンターからWi-Fiネットワークとの接続を解除できるようになった。

これらの他、以下のような問題が修正されている。

Apple Watch (第1世代)で充電ができないことがある問題。

日の出と日の入りのコンプリケーションが表示されないことがある問題。

消音アラームでバイブレーションによる通知が行われない問題。

心拍数の通知が有効ではない時に通知が表示されてしまう問題。