2017年10月31日、松本人志さんがハンドソープの出具合について激怒するかのようなツイートを公開した。

「このハンドソープ。ノズルが水平すぎ。プッシュすると毎回 乳首を狙ってきやがる。乳首ソープって書いとけ! 」

筆者も乳首にこそ当たったことはないが、勢いの良すぎるプッシュ式ソープが身体に直撃し“ヒヤっ”とした経験は何度かある。

たしかに気持ちのいいものではないので、松本さんの怒りもわからなくはないのだが、実はこのツイートは先日『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ)の2ショットトークで話した

「乳首の位置が下がってきている」

というネタを再び拾いなおしたもの。

なぜ自分で自分の乳首ネタにハマっているのかわからないが『Twitter』上での反響は大きく

「乳首ドリルすなって言ったほうがいいですね」
「また、ナイトスクープへ依頼してください」
「乳首ソープで売り出すと、一瞬はバカ売れしそうですね」

など700件を超えるさまざまな感想が寄せられている。

なおファンのリサーチのよるとこの“乳首ソープ”の正体はセブンイレブン系列で発売されている『薬用ハンドソープ泡タイプ本体 シトラスの香り』だということ。

植物性なので肌にやさしい上に松本さんと同じ体験ができるとなれば買わない手はない。

乳首への冷ややかな刺激が癖にならないか、怖くなってしまう一品だ。

※画像は『Twitter』『セブンプレミアム向上委員会』よりhttps://twitter.com/matsu_bouzu/status/925215745578975232 [リンク]
https://7premium.jp/product/search/detail?id=3627

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』