阪神は31日、柳瀬明宏投手ら2選手に戦力外通告を行ったと発表【写真:Getty Images】

写真拡大

阪神・柳瀬ら2選手、楽天・北川に来季契約しないことを通達

 阪神は31日、柳瀬明宏投手ら2選手に戦力外通告を行ったと発表した。

 柳瀬は2005年大学生・社会人ドラフト6位でソフトバンクに入団。2年目の07年に中継ぎとして44試合登板で4勝1敗2セーブ9ホールドを記録し、右肘の故障を乗り越えて13年には再び自己最多タイの44試合登板で防御率1.52と活躍した。しかし、16年限りで戦力外となり、今季から阪神へ。2試合のみの登板に終わっていた。プロ10年間の通算成績は218試合登板、11勝6敗8セーブ52ホールド、防御率は3.32。

 また、楽天は育成契約の24歳、北川倫太郎外野手に来季の契約を結ばないことを伝えた。