「重要参考人探偵」で早乙女果林を演じる新木優子

写真拡大

テレビ朝日系で放送中の玉森裕太主演金曜ナイトドラマ「重要参考人探偵」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)。絹田村子の同名漫画が初映像化され、主人公のモデル・弥木圭(玉森)は、なぜかいつも死体の第一発見者となってしまう不幸体質な持ち主。モデル仲間で推理マニアの周防斎(小山慶一郎)、女の子が大好きで聞き込み上手なシモン藤馬(古川雄輝)と事件の真相を追うコメディー&本格ミステリー。

【写真を見る】新木は原作には登場しないオリジナルキャラクターの刑事・早乙女果林を演じる

圭の元恋人でありながら、圭の巻き込まれる事件を捜査する刑事・早乙女果林を新木優子が熱演。事件の重要参考人になってしまう圭と複雑な関係でありながら、圭をつい気にしてしまう果林を演じる新木にインタビューを敢行。果林の役柄や共演者や撮影現場でのエピソード、今後の展望などを聞いた。

■ 玉森さんの照れ笑いに現場でほっこりしています。

――撮影現場での雰囲気はいかがですか?

和気あいあいとした空気感で皆さんいてくださるので、いつも現場に行くのが楽しみです。小山さんがとても気さくな方で、みんなの中心となって全員に話を振ってくださいます。小山さんがいない現場だと、「どうなるのかな?」って思っていたんですが、玉森さんや古川さんとも自然にお話できて、とてもいい空気感ができてきていると思います。

――最初のコメントでは玉森さんをクールだと言っていましたが、印象は変わりましたか?

クールというよりも、どっちかっていうとおちゃめ?(笑) 笑ってる時間の方が長い方で、にこやかな印象で、共演させていただいて印象はガラッと変わりました。

NGを出されたりすると、必ずとてもかわいらいしい笑顔で「やっちゃったー!」ってみたいな感じで照れ笑いされるので、すごくほっこりします。そういうところは、誰が見てもキュンとしちゃうと思います。

■ 背筋が伸びていれば、モデルっぽく見えます!

――玉森さん、小山さん、古川さんのモデル姿はどうですか?

会見で皆さんランウェイを歩いて、ポーズを取ったりしていてすてきでしたね。ドラマの中でも、モデルらしいシーンが出てくるんですけど、玉森さんも小山さんもアイドルとして活動もされていますし、古川さんももちろんなんですが、男らしいかっこいい一面を見せるのがとても上手ですよ。私が上から言うのも恐縮ですが、本当に皆さんすてきだなといつも思いながら見ています!

――もし、より良くするためにアドバイスするとしたら?

今でも十分皆さんすてきですが…。強いて言うなら、基本的に背筋が伸びていればモデルっぽく見えますし、姿勢がスッとしていることはとても大事なことですね。

――新木さんが演じる果林はどんな役柄ですか?

本当に一生懸命で、真っすぐで素直な女の子という印象です。思っていることは我慢するけど、裏では叫んで発散していたり、そういう部分がかわいらしくて、これが果林の性格なんだろうなって。そういう部分が1話から少しずつ見えています。

――果林はSっぽい印象なんですが、演じている新木さんはどう思いますか?

圭の元カノで、圭からは振られていますし、自分の中で納得できていない部分がきっとあるんだろうなと思います。そういうところがあるから、圭に対しての物言いが強くなってしまったり、Sっぽいというよりも強がりなのかなって、私はそういう解釈をしています。刑事役ですし、強い言い方の方がいいのかなと思って演じています。

私もどちらかというとはっきり言う方です。でも、人をいじるよりはいじられる方が好きかな。自分からいくよりも、いじられてそれに応えている方が楽しいかなと思います(笑)。それがきっかけで仲良くなれる場合もありますよね。

■ 4話は今までで一番圭と近づく話になっています。

――今回も前作に続き、刑事役となりますが演じる難しさはありますか?

「CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班」(フジ系)は、刑事としても、アクションもプロフェッショナルだったので、プロに見せる動きなど、そういう大変さはありました。今回は果林としっかり向き合っていたら、見えてくると思っているので大変だと思ったことはありません。

でも、一つ大変だと思うのは容疑者の説明など、説明をするシーンは難しいなって思いますね。難しい専門用語がいくつか出てきて、その単語だけを言うのは簡単なんですけど、せりふとして言ってみると結構難しくて、アクセントで混乱したりしちゃいました。

さすがだなと思ったのが、捜査一課の上司を演じる豊原(功補)さん。私が苦戦したせりふを分かりやすく伝わりやすく、ハキハキとおっしゃっていて。思わず、「アクセントはここか! メモメモ!」って思いました(笑)。こういうふうに言うと言いやすいんだなって、とても勉強させていただきました。

――4話では圭との関係性が少し進展するような気がします。演じていてどう感じますか?

ストーリーが進むごとに、少しずつ別れていた圭との距離が埋められてきている感じはしています。でも、圭のことを単純に好きな気持ちだけではないので、そこがすごく難しくて。元カノと元カレの関係って難しいなって、試行錯誤しながら演じています。

4話は今までで一番圭と近づく話だなと思います。恋人同士だった二人が別れた原因を知るために圭に詰め寄る果林の姿も出てきますし、そこも見どころだと思います。

――出演作が続いていますが、リフレッシュ方法はありますか?

遊びに行くのが一番! 友達と仕事じゃない話をしたり、なんでも話せる友達といることで自分のストレスが自然と解消されていくし、リフレッシュになっています。会えなくても、連絡を取り合ったりするだけですごくリラックスできるので、すごく大切な時間です。時間はなくてもつくるタイプです!

最近は、自分で初めてゲームを買いました! みんなで遊べるゲームなので、なかなか遠出できないときはそのゲームを友達の家に持って行って、遊ぶのにはまってます。あるカートゲームが今は大好きです。

――最後に、読者にメッセージをお願いします。

これから果林と圭の関係性がもっと色濃く出てきたり、圭がどうして死体を発見してしまう体質になってきたのかっていうのも明らかになってきます。どういう事件が起きるのかということも楽しみにしていてほしいですし、それぞれの登場人物のストーリーにも注目して見ていただけると、より「重要参考人探偵」を楽しめると思います!