顔認証のFace IDやアニ文字に使われる、iPhone X搭載のTrueDepthシステムですが、来年もフロントカメラのみでリアカメラには採用されないだろうと、Apple情報に詳しい著名アナリストが予測しています。

リアTrueDepthよりもiPhoneの安定供給

KGI証券のミンチー・クオ氏が、投資家らに配布したリサーチメモにおいて、iPhone Xの3D検出技術は少なくとも1年はAndroid陣営の先を行っているため、Appleは来年は、iPhoneの安定供給に力を入れるだろうと述べています。
 
クオ氏によれば、2018年に発表される次期iPhoneでは、一部で期待されているような、リアカメラへのTrueDepth 3D検出機能搭載は実現しないとのことです。

解決が必要な2つの課題

リアカメラにTrueDepth技術を採用すれば、さらに幅広い拡張現実(AR)アプリに対応可能となります。しかしその前にAppleは2つの課題を解決する必要がある、とクオ氏は指摘します。
 
1つは人工知能(AI)およびARKitソフトウェアと周辺技術の開発、そして2つめは、iPhoneの安定供給です。
 
1つめについては、アプリを開発するサードパーティも巻き込んでいく必要があるため、相当な時間がかかると思われます。
 
iPhone XではTrueDepthの部品製造が難航したため、生産台数が限定され、年内は品不足が続くといわれています。実際予約の段階で、すでに多くの人が5〜6週待ちとなるなど、需要に供給が追いつかない状況にあると見られています。
 
来年発売のiPhoneでリアカメラにもTrueDepth技術を採用する場合、製造工程はさらに難しくなる可能性があります。
 
クオ氏は次期iPhoneについて、TrueDepthリアカメラを搭載しなくても、消費者を惹きつけるような、ほかの機能追加や向上が行なわれるだろうと予測しています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ