中国の亡命医師が衝撃の告白

写真拡大

 1980年代から1990年代にかけて、中国のスポーツ界では種目にかかわらず組織的なドーピングが行われており、少なくとも1万人もの選手がドーピングに深く関わっていたことが分かった。1970年代から中国の五輪選手団の医療責任者を務めてきた薛蔭嫻氏(79=女性)が亡命申請中のドイツの公共放送連盟(ARD)のインタビューで明らかにした。

 中国では組織的な大規模なドーピングが選手に強要されているとの情報があったが、元医療関係者から事実が明らかになるのは初めて。

 薛氏は中国のスポーツ界を統括する政府機関「国家体育総局」に30年以上勤務。薛氏が初めてナショナルチームによるドーピングを知ったのは1978年のことで、中国の中央指導部がナショナルチームに対して、薬物使用を指示したという。

 これを受けて、医療チームが当時のドーピング先進国であるソ連や東ドイツに派遣され、薬物使用の知識を取得。その後、代表選手に「特別栄養剤」と称して、禁止薬物を服用させることが常態化することになったという。

 薛氏によると、選手はドーピングを拒否することは許されず、それを拒めばチームを去らなければならなかったという。まず、若い選手たちに薬物が使用され、最年少の選手は11歳で、成長するにしたがって、女性なのに筋肉が過度につくなどの、通常の成長が阻害されていったという。

 1990年代に入ると、競泳女子選手が世界新記録を次々と刷新していったが、1994年の広島アジア大会で複数の選手の薬物使用が発覚。同大会では中国競泳女子が全15種目で金メダルを獲得したものの、そのうちの11人がドーピング検査で陽性となり、メダルが剥奪された。

 また、陸上競技指導者の馬俊仁氏率いる陸上の女子中長距離走チーム「馬軍団」は世界記録を塗り替えていったが、やはり薬物疑惑がつきまとっていた。それを裏付けるように、馬軍団の主力選手ら9人が著名な中国人作家、趙瑜氏に長期にわたる薬物使用を告白。その取材結果が趙氏の著書「馬軍団調査」で克明に明らかにされている。

 薛氏もドーピングを強く批判し、「対外的に事実を暴露する」などと国家体育総局幹部に迫ってきたが、逆に政府当局に脅され、警察による24時間態勢の監視が行われ、長男が一時投獄されたこともある。身の危険を感じた薛氏は長男夫婦とともに今年6月、駐中国ドイツ大使館の支援を受けてドイツに渡り、現在亡命申請中だ。

 また、薛氏は中国のドーピングの実態を示す証拠を国際オリンピック委員会(IOC)に提出する意思を明らかにしている。