水の飲みすぎは危ない 脳が腫れ死に至った事例も

写真拡大

【林先生が驚く初耳学!】(TBS系)2017年10月29日放送
「水の飲み過ぎは...●●低下で脳細胞が溶ける」

美容やダイエットのため、飲み食いするものにこだわっている人は多い。しかし、健康に良いと信じて摂(と)っているものが、量を間違えると、命を脅かしかねない。

注意すべき飲食のひとつが「水の飲み過ぎ」だ。

健康のためには適量を守って

急激に大量の水を飲むと、血液中のナトリウム(塩分)濃度が下がる。他の細胞の濃度は変化していないため、体がバランスを取ろうとして、水分が血液から細胞に流れ、細胞が破裂するおそれがある。

07年に米国で開催された、トイレに行ったり吐いたりせずにどれだけ水を大量に飲めるかを競った大会で、2位になった女性が死亡した事件があった。脳細胞に水分が流れ、脳が腫れてしまったのだ。

美容やダイエットに効果的な水の適量は1日2リットルだ。多く飲めば飲むほど健康になれるわけではないので、くれぐれも注意されたし。