綾瀬はるか&広末涼子&本田翼、3人揃って家出を決行『奥様』第5話

写真拡大

綾瀬はるかが主演を務める日本テレビ系『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜22:00〜)。11月1日放送の第5話では、夫に不満を抱えた妻たちが家出を決行する姿が描かれる。

金城一紀の原案・脚本で描かれる本作の主人公・伊佐山菜美(綾瀬)は、人も羨むちょっとセレブな専業主婦。ワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那・勇輝(西島秀俊)と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越す。そこで出会った主婦友の大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)とともに、主婦たちの様々な問題を解決していくことになる。

第5話で、菜美は、優里と京子と一緒に、太極拳を習うことに。言い出しっぺの優里の様子がいつもと違うように見えるのを、菜美と京子は心配していた。数日後の日曜日、菜美は自分との約束はそっちのけで、休日をのんびり過ごしたいオーラを隠そうともしない勇輝に少々キレ気味に……。一方、姑の嫌味に耐えかねた京子は、渉(中尾明慶)に本気の子作りを提案するがまんまと逃げられてしまう。そして仕事に出たいという願いも聞いてもらえず、休日なのに家事にも育児にも協力する気のない啓輔(石黒賢)の何気ない一言で溜まりに溜まった不満を爆発させた優里は、遂に家出を決意する。優里に誘われた菜美と京子も、夕食の支度を放り出して家を飛び出してしまう。

妻の家出に気付いた勇輝と渉、啓輔が対策を話し合う中、優里に連れられてクラブに向かった菜美たち。優里と京子は久々の自由を楽しんでいたが、そんな2人を怪しい男たちが狙っていた。男たちの存在にいち早く気付く菜美だったが、目を離した隙に酔いつぶれた京子がVIPルームに連れ去られてしまう。京子だけでなく優里も姿を消してしまったことに気付き、怒りと不安に襲われる菜美。果たして、菜美は2人を守ることができるのか。