31日、海外網によると、韓国の政府競争力が3年連続でランクを落としたことに関し、ソウル大学の研究センターが「韓国は『先進国』という称号に酔ってしまい…」と苦言を呈した。写真はソウル。

写真拡大

2017年10月31日、海外網によると、韓国の政府競争力が3年連続でランクを落としたことに関し、ソウル大学の研究センターが「韓国は『先進国』という称号に酔ってしまい…」と苦言を呈した。

ソウル大の韓国行政研究所に付属する政府競争力研究センターは30日、経済協力開発機構(OECD)メンバーの政府競争力指数を発表し、韓国は34カ国中24位だったと報告した。

同指数は経済、教育、農業食品、文化観光、保健福祉、環境、安全、統治、情報・通信技術、研究開発の10分野を対象に算出したもので、24位というのは朴槿恵(パク・クネ)前大統領が政権運営した2015〜16年の結果だ。韓国は16位(15年)、21位(16年)、24位(17年)と3年連続でランクを下げており、同センターは「韓国は『先進国』という称号に酔って、適材適所のために必要な政策を実施できなかった。真の意味で先進国の仲間入りをしたいなら政府は何をすべきか考え抜く必要がある」と指摘している。

なお、同指数で1〜5位となったのはアイスランド、スイス、オランダ、ノルウェー、米国。日本は昨年の18位から2ランクダウンの20位だった。(翻訳・編集/野谷)