井上真央はなぜ毒親から離れられないのか? 『明日の約束』の歪んだ親子関係

写真拡大

 火曜ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)で井上真央演じる主人公の藍沢日向は、これまで悩みを抱えた生徒たちを親身になって救い出してきた。誰の目から見ても良い人柄の持ち主で、良識もある。しかし、だからこそ「なぜ“あの母親”と一緒に暮らしているのか?」という疑問が浮かんでしまう。

(参考:井上真央主演『明日の約束』の“毒親”に視聴者騒然 日向が抱える闇の深さ

 第2話までの放送で、日向の母・尚子(手塚理美)の過干渉ぶりは明らかになっている通り。幼い頃から強制的につけさせていた「明日の約束」という交換日記には、「ママがいいと言ったお友達以外とは遊ばない」「ママに口ごたえしない」「ママをイライラさせない」といった約束が記されていた。さらに日向は、「ママに無断で男の子を好きになったりしない」という約束からか、3年もの間、付き合っていた本庄和彦(工藤阿須加)のことを尚子に教えていなかった。

 回想シーン、9歳の日向が開いたページには「日向の読む本も、遊ぶ玩具も、食べるおやつも全部ママが選んであげる。日向にとってそれが一番正しいんだから」と書かれ、尚子が「今日は遊べないの」と家に訪れた日向の友人を追い払う姿が描かれた。日向が生まれてから29年もの間、尚子は日向が自分の意思で手にしたもの、人間関係にも干渉し、自分の思い通りにしようとしてきた。そしてそれは、現在も進行中なのである。

 日向は、週刊誌記者の小嶋修平(青柳翔)から事件の真相について迫られ、気持ちを休めようと和彦の元へ向かう。和彦の家の玄関に入ると、日向は和彦の胸に寄りかかるようにくっつき、和彦はその様子を心配そうに見つめつつ肩を抱く。圭吾(遠藤健慎)の死をきっかけに、様々な人間の悪意が日向に降りかかっていた。「ちょっと怖くなったから」と、日向が第3話にしてやっと誰かに弱音を吐く姿を見せたことは、和彦が日向にとって唯一、安心して寄りかかることができる存在であることを示していた。

 しかし、部屋の中に入るなり、日向の目には、思いもよらぬものが映る。「鎌倉 風月庵」の紙袋と箱。それは昨日、日向が尚子からもらったお菓子のお店のものだった。日向はその日、そのお菓子と尚子から言われた「本庄さん素敵な人じゃない。ちゃんと幸せになるのよ」という言葉を、笑顔で受け取っていた。だが、和彦の部屋で日向は一瞬のうちに表情を強張らせる。「うちのお母さんに会った? 会ったんでしょ? いつ」。日向が尚子のことを和彦に話すときの眼差しはいつも冷たく、声のトーンは低い。和彦は「お母さん、日向のこと心配してて、でもでしゃばると嫌がられるからって」と、黙っていた理由を打ち明けるが、日向は「帰る」と部屋を出て行く。

 唯一、日向が気を休める存在でもあった和彦にまで尚子の手が伸びてきていることに、ネット上では、彼女の行く末を心配する声が止まない。日向が「良いお母さんなんかじゃないよ、あの人」と、はっきりという時の鋭い表情は、尚子の悪意の潜んだ笑顔と並ぶほど、強烈に映る。東京で就職していた日向が、父親が亡くなったのをきっかけに地元に戻ったのはすでに明かされている事実だが、本当に単に尚子のことが心配で日向は彼女の側にいるのだろうか。「何か、聞いた?」「随分前に事故でって」「そっか」。日向と和彦が第2話で交わしていた何気ない会話だが、尚子の左手の怪我にも何か理由があるのかもしれない。

(大和田茉椰)