「ラブホの上野さん season2」(毎週水曜夜0.25-0.55、フジ)で一条を演じる柾木玲弥/(C)博士・上野/KADOKAWA・フジテレビジョン

写真拡大

現在放送中のドラマ「ラブホの上野さん season2」(毎週水曜夜1:25-1:55、フジ※11月1日は夜0:35-1:05)に出演する柾木玲弥に、現場でのエピソードや今後の展開などを聞いた。

【写真を見る】“塩顔イケメン”として人気上昇中の柾木玲弥

本ドラマは、本郷奏多演じるラブホテル「五反田キングダム」のマネジャー・上野が、さまざまな恋の悩みやトラブルを解決していく続編。

柾木は、アルバイトから正社員に昇格した一条昇を演じる。

――「続編」ということで意識したところはありましたか?

「変に頑張り過ぎないようにしよう」と監督と話しました。なので、前作を継承してもっと面白くしようとは思いますが、「新しいものを作ろう」とか「前作を超えてやろう」という気持ちはないです。

キャストやスタッフも前作と同じ方が多かったので、戻ってきたというか「あの楽しかった現場でまたできるんだ」とうれしかったです。

――新シリーズから変化している部分はありますか?

一条に関しては、相変わらずダメなやつです(笑)。前作は「一条くんの成長物語」と言っていただくことが多かったんですが、新シリーズでは、新たに加わった古畑星夏さん演じる佐奈というキャラクターと一緒に成長していきます。

あと、コメディー要素が強かった前作よりも、ドラマっぽいストーリー部分が太くなっている感じがします。

ただ、本郷さん演じる上野は前作よりも遊びの部分が増えていると思います。台本を読んでいても、これまで以上に引き出しが増えていて、攻めている印象がありました。

前作に引き続き、字幕もたくさん入っていて、良いところはそのまま引き継ぎながら太くなっているという感じがします。

――新シリーズから加わった、古畑さんとの共演はいかがでしたか?

せりふをほとんど覚えていて、現場で台本を見ていなかったのに驚きました。コメディーということもあって、僕はせりふの流れの雰囲気で覚えていたので、真面目な方だなと思いました。

そんな正反対な2人だったからこそ、しょっぱなから仲良くなれましたし、良いコンビ感で芝居をすることができました。

――本郷さんとの再共演についても教えてください。

本郷さんとは、撮影が佳境に入った頃にやっと仲良くなることができました(笑)。前作の7倍はお話できたと思います! すごくクールな方だと思っていたのですが、すごく人間らしい一面も見れて、先輩ですが「かわいいな」と思いました。

実は、ここまで仲良くなれたのは、古畑さんのおかげなんです。ある事で古畑さんを現場でいじっていて、それをきっかけに本郷さんとも仲良くなれました。なので、古畑さんがキューピットです(笑)。

――最後に、「一条のココを見て!」というポイントを教えてください。

それは、上野さんの下僕であり、新しく入ってきたアルバイトの佐奈にもナメられ…という一条くんのダメっぷりですね(笑)。

ただ、相変わらずダメなやつなんですが、最後まで見ていただけると「一条くん、こんなことで悩むんだ」という意外な展開を迎えます。幸せな悩みを抱える、一条の面白い姿が見られると思います!