乳がん検診のあるべき姿とは?GEのウーマンズヘルスのトップが語る

写真拡大

 日本人女性の約12人に1人が発症すると言われる乳がん。罹患(りかん)者、死亡者ともに増加を続けており、早期発見につながる医療機器の開発は急務だ。米GEヘルスケアのウーマンズヘルス部門プレジデント兼最高経営責任者のアグネス・ベールジャーニー氏に世界における乳がん検診の現状などを聞いた。

―乳がんは早期の診断・治療が重要です。

「早期診断により最適な治療法を選ぶことができる。死亡率を25―30%低減できたというデータもある。米国では40歳以上の女性は1年に一度、乳がん検診を受けることになっているが受診率は50%程度。乳房用X線診断装置(マンモグラフィー)の検査で多くの人が痛みや不安、居心地の悪さを感じ、検査を受けたがらないためだ。特に日本の受診率は30―40%で欧米の50―80%と比べて低い」

―痛みを軽減した製品も開発しています。

「当社のマンモグラフィー『セノグラフプリスティーナ』は検査時の痛みの軽減に配慮し、受診者に心地よく検査してもらうよう開発した装置だ。撮影台の角に丸みを持たせ、緊張感を和らげるアームレストなども採用した。開発には聖路加国際病院や昭和大学などにも関わってもらい、日本の女性の声も反映した。昨年11月に発売して以来、80台が導入された。受診者から良い評価を得ている」

―受診者自身で乳房の圧迫を微調整できる機能も追加しました。

「欧州の調査では受診者の約8割が怖さや緊張感がなくなったと回答した。同機能で患者も検査に積極的な役割を担ってもらうようになり、力を与えると思う。乳がん検診は本来、心地よいものではない。受診者の経験をどうより良いものにするか。乳がん検診を革新したい」

―超音波診断装置などの有用性は。

「日本人女性の約80%が高密度乳腺(デンスブレスト)であり、超音波検査が有効であることが分かっている。マンモグラフィーも全てのがんを探索できるが、超音波は補完的役割として、より高度にがんを捉えることができる。受診者や医療機関の状況に合わせて、最適な診断手法を選んでもらいたい」

―日本では40歳以上の女性が2年に一度、乳がん検診を受けることを定めています。

「現状の指針に沿って、30―40%の受診率を高めることが重要だ。当社の装置を通じ、受診者の意識も啓発していきたい。受診者自らが検診の時期を覚えていて、進んで検査を受けてもらいたい」