Appleは現地時間10月31日、Apple Watch向けにwatchOS 4.1をリリースしました。今回のアップデートにより、Apple Watch Series 3では、ミュージックアプリでiCloud Music Libraryにアクセス可能となり、Apple Musicのストリーミングが実現しています。

Apple Watch Series 3で音楽やラジオのストリーミング視聴可能に

これまでApple MusicやiCloud Music Libraryの楽曲を聴くには、iPhoneとWi-Fiで同期する必要がありました。しかし今後は、Apple Watch Series 3単独でもWi-Fi経由で音楽が聴けるようになります。またApple Watch Series 3のセルラー対応モデルであれば、Wi-Fiのない場所でも聴くことが可能です。
 
また新しいラジオアプリにより、ラジオのライブ視聴も可能となります(Apple Watch Series 3のみ)。

GymKit対応、Wi-Fiトグルの追加

GymKitに対応したスポーツジムなどのエクササイズマシンと、運動中に測定したデータを共有可能となりました。これにより、より正確な運動データが記録でき、リングを完成しやすくなります。
 
Apple Watch Series 3セルラーモデルのコントロールセンターには、新たにWi-Fiのトグルが追加され、Wi-Fiネットワークのオンオフができるようになりました。以前、不明なWi-Fiに勝手にアクセスするバグが問題になりましたが(その後解決)、このトグルがあればユーザーが自分でWi-Fiへのアクセスを管理可能です。
 

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ