我が国の医師不足は深刻だ。さらに、西高東低の形で偏在している。

 厚生労働省は来年の通常国会で医療法を改正し、この問題に対応しようとしている。

 10月30日の読売新聞によれば、厚労省は都道府県の権限を強化し、医学部入学定員に地元出身者枠を設けるよう大学に要請できるようにすると同時に、地域の研修病院の定員を都道府県が決定できる権限を与えるらしい。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

懸念される学生の学力低下

 私は、このやり方に反対だ。短期的に医師の偏在を改善するかもしれないが、長期的には弊害が大きい。

 医学部を志望する高校生は多いのに、定員を増やすことなく、大学の入学者を地元優先にすれば、実力のない学生が入学してくる。

 また、卒業後は地元の医師不足地域に派遣される。若者は異郷を経験して成長するのは、古今東西共通だ。地元で生まれ、地元の大学を卒業し、地元に縛りつけられれば、成長のチャンスを失う。

 医師不足の日本で病院は医師確保を巡って、激しく競争している。

 経営経験のない退職した大学教授を院長に迎える病院が多いのは、医局から医師を派遣してほしいためだ。「病院経営は医師確保にかかっている」というのが、医療界の常識だ。

 実は、医師不足地域とは、医師獲得合戦で負けている地域なのだ。

 僻地でどうしようもないというところもあるが、多くは経営者に問題がある。地域枠の学生を、卒後、このような病院で勤務させつづければ、実力はつかない。長期的には、医療レベルは低下する。

 医療に限らず、外部と交流せず、内輪で凝り固まれば、地域は停滞する。交流が地域を活性化したケースと、その反対の事例をご紹介しよう。

 前者は高校野球だ。高校野球は、長らく西高東低だった。東北地方は弱く、いまだに春夏を通じて優勝経験はない。

東北地方が強くなった理由

 ところが、近年の東北勢の躍進は目覚ましい。過去10年間の全国高校野球選手権(夏の甲子園)で、毎年ベスト8に進んだ地域は関東地方と東北地方しかない。

 もちろん、東北地方が躍進した理由は関西、関東からの野球留学だ。ところが、近年の東北地方の高校野球の留学生への依存度は、着実に低下している。

 2013年の夏の甲子園は東北地方の高校が大活躍した。

 最終的に前橋育英高校(群馬県)が優勝したが、ベスト4には東北から花巻東(岩手県)と日大山形が入った。この大会でベンチ入りした18人のうち、県外出身者は花巻東が3人、日大山形は2人だった。

 さらに、この大会で2勝した弘前学院聖愛(青森県)は県内出身者だけで臨んだ。準々決勝で前年、前々年と甲子園で決勝戦まで進んだ八戸学院光星高校を破っての出場だった。東北地方の地力は高い。

 元高校球児で、1998年松坂大輔の横浜高校と夏の甲子園の決勝を戦った京都成章高校の主将を務めた澤井芳信氏(スポーツバックス社長)は次のように語る。

 「野球留学については賛否両論、いろいろな意見があるが、少なからず野球留学を受け入れることにより、結果を見れば分かるように東北地方のレベルが上がっている」

 その理由として、「環境はビハインドがあるが、野球留学で上手い選手が入ってくることにより、その上手さを肌で感じ、相手チームであろうが、自チームであろうが、勝つため、そして上手くなるために目標やこのままじゃダメだと気づくことにより様々な工夫が生まれる」と説明する。

 その通りだろう。交流は成長を促す。次に反対の事例をご紹介しよう。これも教育関係だ。

明暗分けた薩長の高等中学校

 明治時代、我が国には高等中学校という教育機関があった。

 高等中学校とは、聞き慣れない名前だが、明治19年の中学校令により、全国に7つ設置された高等教育機関だ。

 全国を5つの区域(当初、東京、大阪、仙台、金沢、熊本)に分けて、各地に帝国大学(のちの東京帝大)に続く、カレッジのような教育機関を設置した。

 高等中学校は、本科と専門科に分かれていた。本科は、帝国大学に進学するための予備教育を目的とし、専門科は医学、法学、工学などの専門科目を教えた。

 実は、この5つの高等中学校以外に、特別に2つの高等中学校が設けられた。それが山口高等中学校と鹿児島高等中学校だ。

 いずれも旧藩主である毛利家、島津家をはじめとする地元の有力者が設立資金を負担することで、特例として設立が認められた。薩長の地元だけ、特別に官立の高等教育機関が設立されたことになる。

 山口高等中学校の場合、他の高等中学校と異なり、防長教育会という地元の団体が実質的な運営権を持っていて、学生は、ほぼ全員が地元出身者だった。

 山口高等中学校の目的は、地元の子弟を帝国大学に進学させることだが、地元の子弟の優先入学が行き過ぎたのだろうか、その後、学校のレベルが低下した。

 山口高等中学校は、財政難もあり、1902年(明治35年)に、官立の山口高等商業学校に吸収される。山口帝国大学には発展しなかった。

大人の思惑など入れるべきではない

 一方、鹿児島高等中学校は山口県のような対応はしなかった。その後、第七高等学校へと発展する。対照的な展開だ。

 このあたり、秦郁彦氏の『旧制高校物語』(文春新書)に詳しく紹介されている。ご興味のある方はお読みいただきたい。

 冒頭にご紹介した厚労省の医療法改正を解釈するにあたり、東北地方の高校野球の躍進と山口高等中学校の顛末は示唆に富む。

 私は、学校の入学資格は教育を最優先すべきで、医師偏在など「大人の思惑」は入れるべきではないと考えている。

 若者は部外者と交流し成長する。内輪で凝り固まるべきでない。医師不足対策には、長期的な視野に立った議論を求めたい。

筆者:上 昌広