ブラジル、ベルギーと対戦する11月シリーズ。ワールドクラスを相手に、ハリルジャパンはどんな戦いを見せられるか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 日本協会が10月31日、国際親善試合のブラジル戦(11月10日@フランス/リール)とベルギー戦(11月14日@ベルギー/ブルージュ)に臨む日本代表のメンバー25人を発表した。
 
 世界の強豪国と手合せする今回の11月シリーズに向けて、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「力強さとタレントを兼ね備えるチーム」と相手をリスペクトしながらも、「10回のうち、1回だけ勝つチャンスがあるかもしれない。その1回にしたい」と意気込む。
 
 FIFAランキングでは“一桁順位”(ブラジルは2位、ベルギーは5位)に位置づけられるようなチームと戦うのは、ハリルジャパンにとって初めてのこと。来年のロシア・ワールドカップでの躍進を見据え、現在地を知るうえでは恰好の相手だろう。
 
 文字通り、ワールドクラスの相手に、日本はいかなる戦いを見せられるか。苦戦は免れそうもないが、攻撃面でも守備面でも、ひとつでも多くの収穫と手応えを手にして、意義のある2連戦としなければならない。ロシアの地で着用する新ユニホームのお披露目でもあり、恥ずかしい戦いは見せられない。
 
 ここでは25人のメンバーの顔触れとともに、基本システムの4-3-3に沿って、GKとDFの序列を考察していく。
 
【GK】
◎川島永嗣(メス)/○西川周作(浦和)/△東口順昭(G大阪)
 
 守護神は川島で決まりだろう。ブラジル戦はフランスのリール、ベルギー戦はベルギーのブルージュで開催されるが、どちらの国でもプレー経験があるのは大きなアドバンテージで、精神的支柱としても頼りになる存在だ。
 
 二番手は西川か。以前、指揮官からプレーレベルの低下を指摘され、しばらく代表から遠ざかっていたが、「徐々にパフォーマンスが戻ってきた」(ハリルホジッチ監督)との評価で、久々の招集となった。
 
 現時点では、コンスタントに呼ばれている東口との実力差は拮抗しているが、アジア2次予選でレギュラーだっただけに、その経験値を考慮して、次点とした。
 
 東口は先のハイチ戦で痛恨の3失点。信頼を取り戻すためにも、トレーニングから必死にアピールしたい。
 
※凡例:◎=スタメン候補 ○=準レギュラー △=三番手

【日本代表PHOTO】ブラジル・ベルギー戦へ向けた招集メンバー25人
【DF】
CB:◎吉田麻也(サウサンプトン)/◎昌子 源(鹿島)/○槙野智章(浦和)/△三浦弦太(G大阪)
右SB:◎酒井宏樹(マルセイユ)/○酒井高徳(ハンブルク)
左SB:◎長友佑都(インテル)/△車屋紳太郎(川崎)
 
 4バックは前回から植田直通(鹿島)が外れて、三浦が復帰。軸は吉田で変わりなく、CBでコンビを組むのは、最終予選のラスト3試合でレギュラーを務めた昌子と予想する。
 
 もっとも、「良いパフォーマンスを続けている」とハリルホジッチ監督から期待されている槙野は、10月シリーズの2試合(ニュージーランド戦、ハイチ戦)でスタメンを飾っており、昌子に迫る勢いを見せる。吉田の相棒の座を巡る争いは、以前にも増して激しくなっている印象だ。
 
 左右のSBの序列に大きな変化はない。“ダブル酒井”がしのぎを削る右SBは、酒井宏の優位性は揺るがず。酒井高はハンブルクでレギュラーとして奮闘を続けるが、代表でのポジションを奪うまでのインパクトは放てていない。
 
 左SBのファーストチョイスは、「素晴らしい人間で、いつも勝利に飢えている」(ハリルホジッチ監督)長友で間違いない。ただし、初選出となった10月シリーズに続き、代表入りした車屋について、指揮官は「信頼し続けています。前回の合宿も良かった。クラブでも良くなっている」と賛辞を送る。長友の牙城を崩すのはそう簡単ではなく、出場の機会は得られないかもしれないが、チャンスが訪れた時のために万全の準備はしておきたい。
 
※凡例:◎=スタメン候補 ○=準レギュラー △=三番手
 
文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)