マウテ・グループの拠点だったマラウィ市街の3階建て民家。銃撃戦のすさまじさを物語る(筆者撮影)

フィリピン南部ミンダナオ島のマラウィで5月下旬に発生したイスラム過激派による大規模な武力衝突は、5カ月間に及ぶ政府軍の掃討作戦が完了し、10月23日にようやく終結宣言が出された。直後の10月25日に現地に入ると、激しい戦闘で約1200人が死亡した市街中心部は荒廃してゴーストタウンと化し、公表されない恐ろしい話が広がっていた。

銃撃戦の跡が生々しい過激派拠点

「見てくれ、ひどいありさまだろう? ここは(イスラム過激派の)マウテ・グループが借りていた家で、最初に銃撃戦が起きた場所なんだ」。マラウィ市街中心部の西寄りにあるバサック・マルル地区の住民、アガカド・カリさん(50歳)に案内された路地裏の鉄筋3階建て民家は、政府軍の攻撃で破壊され、路上には自動小銃の薬莢(やっきょう)が散乱していた。

「最初の銃声が聞こえたのは午前2時ごろ。けんかの発砲は珍しくないので気にもしなかったが、撃ち合いが激しくなって、家から一歩も出ずに家族と息を潜めていた。政府軍兵士が来て『マウテの拠点を攻撃している。早く避難しろ』と言うので、本当にびっくりしたよ」

ミンダナオ島南西部のイスラム地域バンサモロに属する南ラナオ州都マラウィで、地元のイスラム過激派マウテ・グループ、これと連携するミンダナオ南西沖スールー諸島のアブ・サヤフによる騒乱が発生したのは、5月23日のこと。外遊中だったロドリゴ・ドゥテルテ大統領は「わが国にIS(イスラム国)の勢力が侵入したのは明白だ」と述べ、ミンダナオ全島に即日、戒厳令(当初3カ月、後に年末まで延長)を布告した。事件の経緯は「戒厳令のミンダナオで起きている本当のこと」 を参照してほしい。

当初1カ月ほどで終結すると見られた掃討作戦は、過激派の“戦闘員”が政府軍の推計を超える人数に膨れ上がり、一般市民を人質に取るなどして抵抗したため、5カ月の長期戦になった。政府軍は早い段階で「戦闘員に外国人勢力が含まれている」と発表し、中東で支配地域を失いつつあるISIS(イラクとシリアのイスラム国)につながる“IS系勢力”が、ミンダナオ島に新たな拠点を構築しようとしたとして国際社会に衝撃を与え、日本でもそうした文脈の報道が目立った。

マラウィは標高700メートルのラナオ湖畔にある人口約20万人の地方都市。バンサモロの中でもイスラム文化が色濃く、湖岸にモスクが散在する風景は神秘的で美しい。何度か来たことがあるマラウィを再訪すると、古びて雑然としながらも活気があった市街は静まり返っていた。


過激派が潜んでいないことを政府軍・国家警察が確認した建物には“Cleared”と記され、市街地は人影もまばらだった(筆者撮影)

小さな商店や住宅が密集する市街南東部の下町は、最後まで激戦が続いたエリア。不発弾などが残っているとして、戦闘終結後も政府軍が完全封鎖している。地区の住民は全員退避させられ、検問所から眺めた大通りには人影がまったくなく、文字どおりゴーストタウンと化していた。

閉じられたままのシャッターには、政府軍(AFP)と国家警察(PNP)が戦闘中、過激派が潜んでいないことを確認した“AFP/PNP Cleared”の文字が書かれている。片付ける間もなく避難したのか、道端の露店にバナナが数房、真っ黒に干からびてぶら下がっていた。政府軍による空爆や砲撃もあり、モスクや病院、多くの民家が破壊された。

政府軍スポークスマンは戦果を強調


市街戦の経緯を説明する政府軍スポークスマン(筆者撮影)

唯一多くの人々が集まっているのは、政府の対策本部や政府軍現地本部などが置かれた丘の上の南ラナオ州庁舎。ここでインタビューした政府軍スポークスマン(陸軍大佐)は「首謀者のマウテ兄弟、アブ・サヤフ最高幹部のイスニロン・ハピロンの死亡を確認し、テロリストを完全制圧した。両派は合流してラマダン(イスラム断食月)初日の5月27日にマラウィを占拠する大規模なテロ計画を進めていたが、事前に情報をつかんで急襲し、計画を阻止することができた」と戦果を強調した。

また「死亡した1000人近いテロリストのうち、外国人はマレーシア人、インドネシア人を中心に約40人。その風貌からアラブ系と見られる者も数人含まれる」と述べるとともに、「中東からマレーシア人幹部を仲介して資金が流れ込んだことを、わが国のインテリジェンス(情報機関)が確認している。戦闘員が大挙送り込まれたわけではないが、ISISと関係があったことは間違いない」と話した。

気になる死者数を尋ねると、大佐は「戦闘終結時点で政府軍兵士・警察官165人、一般市民47人が犠牲になった。死体を確認したテロリストは962人だが、最終的には約1000人になるだろう」と説明し、「多くの市民が人質になったが、1780人を無事に救出した」と付け加えた。

ここで大きな疑問が残る。国際テロ組織アルカイダの支援を受けてテロ活動を行っていたアブ・サヤフは、米軍も加わった掃討作戦で一時は壊滅寸前に追い込まれ、現有勢力は200〜300人と見られていた。最近はテロ組織というよりも、外国人や漁船員の誘拐を繰り返す海賊のような存在だった。マウテ・グループに至っては、違法薬物売買をファミリービジネスとする100人程度の“ならず者集団”にすぎないと見られていた。

仮に両派が全員集結し、他の過激派や外国人戦闘員が若干加勢したとしても500人程度にしかならず、テロリスト1000人を殺害したとする公式発表とは大きな開きがある。では、残りの死者は誰なのか。

残りの死者とは?


「マラウィ解放」を宣言し、政府軍のイスラム女性兵士と写真撮影に応じるドゥテルテ大統領(10月17日、フィリピン大統領府撮影)

現地で話を聞くうちに、負傷者救護や住民救出に走り回った救援組織関係者の証言を得た。「声高には言えませんが、テロリストとされている何割かは一般市民です。救出された住民によると、人質にとられて『銃を持って戦わなければ殺す』と脅された例が多数あります。それにテロリストが立てこもった建物で見つかった遺体は、テロリストと住民を区別せずにカウントしているようです」。逆に市民の死者47人というのは少ないという。現場の状況を間近で目撃した人物だけに証言の信憑性は高い。

伝聞やうわさを含めて、現地では具体的で生々しい話が流布している。ある男性は「マウテはマラウィでも公然とシャブ(違法薬物)を売っていたので、結構な数の中毒者がいた。そういう連中を日当2万5000ペソ(約5万3000円)で誘い、シャブを打って興奮状態で戦わせたと聞いた」と話す。

「極貧家庭の親に20万ペソ(約42万円)もの法外な報酬を持ちかけ、子どもたちを戦闘員として連れて行った」という話も耳にした。過激派の狙撃兵に少年、あるいは女性がいたことは政府軍も認めている。

シャブ欲しさに戦闘に加わった中毒者を“一般市民”と呼ぶかどうかは別にして、少なくとも「過激思想に共鳴した多くのイスラム教徒が戦闘に次々と身を投じた」とは言えない。つまり、逃げられない状況で戦闘を強いられた人質の住民、カネや薬物目当てに戦闘に加わった者が、数百人単位で死亡したことになる。政府軍が掃討・救出作戦の成功を強調するあまり、“大本営発表”的な情報操作が加えられた印象はぬぐえず、本当に信用できるのは兵士・警官の犠牲者数だけと思われる。

マラウィの事件に関して「中東につながるIS系勢力が東南アジア展開を企て、ミンダナオ島を拠点化すべく攻勢に出た」という説明は、わかりやすくてインパクトがあるが、筆者は少し違うのではないかと考える。ことさら「IS系」とあおるのはプロパガンダに加担することにほかならない。

最近のイスラム過激派の動向は、アルカイダが提唱した「グローバルジハード」(世界的規模の戦い)が基調にあるとされ、ISに忠誠を誓う組織が各地で増殖した。指揮命令系統があるわけではなく、互いに関係のない集団や個人が「イスラム国」の名前やシンボル(黒い旗など)を用いることで、ISが組織的に拡大しているかのように見える仕組みで、イスラム研究の専門家は「フランチャイズ化」と呼んでいる。

“あやかり商法”の不法集団


政府軍の主力が撤収したマラウィ市街をパトロールする部隊(筆者撮影)

マラウィの事件を引き起こした両派は、この典型といえるだろう。「イスラム国家建設」をうたってはいるが、そのような大義も実力もなく、いうなれば「“あやかり商法”の不法集団が分不相応な騒ぎを起こしてしまった」というのが、より実態に即した見方ではないかと思う。

もちろん、ミンダナオ島あるいはフィリピンがイスラム過激思想の浸透の危機に直面しているのは間違いなく、それを過小評価する気はない。世界共通の現象として、インターネットを通じたプロパガンダに共鳴する若いイスラム教徒は当地にも一定数存在し、バンサモロのある男子大学生は取材に対して「学生の3割が過激思想に興味を持っている。リクルーターが大学まで来て高額の報酬で勧誘している」と証言した。現場から逃亡した戦闘員も相当数おり、厳重警戒を要するのは言うまでもない。

とはいえ、マラウィの現場を歩いて感じたのは、「イスラムの大義」「テロとの戦い」といった単純かつ勇ましいストーリーではなく、もっと物悲しく救いのない“ミンダナオの闇”だった。戦闘終結をもって一件落着ではなく、貧困と暴力、違法薬物や銃器の蔓延、脆弱な法秩序といった本質的問題の根は極めて深い。マラウィは瞬時、世界から注目され、たちまち忘れられつつある。今後の検証の過程で、事件にまつわるさまざまな事実が明らかになり、あるいは葬り去られることだろう。