覆面バンド「in NO hurry to shout;」がハロウィーンにスペシャルイベントを開催した

写真拡大

11月25日(土)全国公開の中条あやみ主演映画「覆面系ノイズ」から飛び出した覆面バンド「in NO hurry to shout;」(イノハリ)が、11月15日(水)にシングル「Close to me」でメジャーデビューするのを控え、ハロウィーン当日の10月31日にドリーム*ステーション JOL原宿にてスペシャルイベントを開催した。

【写真を見る】シュール過ぎ!? オオカミがイノハリに乱入!

この日、アリスこと中条、チェシャこと志尊淳、ハッターこと磯村勇斗、クィーンこと杉野遥亮の豪華キャストがファンの前でイノハリのデビューシングルである「Close to me」を初披露。

同曲は、ティーンに限らず幅広い世代に絶大な人気を誇り、世界からも注目を集める究極の生命体5匹から成るオオカミバンド・MAN WITH A MISSIONが作詞作曲を手掛けたことでも話題を集めている。デジタル配信購入者限定で開催された本イベントは、前日深夜から整理券配布を待つファンが列をなすほどの人気ぶりだった。

「ハッピーハロウィーン!」の掛け声とともに登場したメンバーたちが楽曲の初披露を前に緊張の様子を見せる中、「いい思い出を作りましょう!」と杉野が呼び掛け、エモーショナルに「Close to me」を披露した。

中条は「青春の中に切なさが混ざっていて夢を追い掛けるような、頑張ろうと思える曲になっているので、皆さんにとっての思い出の曲になったらうれしいなと思います」と楽曲について語り、志尊は「朝のアラームはこれで起きてます」とおちゃめに語り、会場の笑いを誘った。

さらに、最初のバンドの音合わせを率先して行ったという磯村は、たくさんの人に支えられながら練習を重ねてきたことで「1人じゃなかったんだなと思いました」と感想を。

その後も初めてのMusic Videoや映画撮影の舞台裏等の話題で会場を盛り上げ、最後には、詰め寄せたファンが会場で手渡された“オリジナル眼帯”を片目に、彼らのメジャーデビューを祝福した。

また、イベント終了後には、ハロウィーンの街をさまよっていた(?)MAN WITH A MISSIONのKamikaze Boyが突如ステージに乱入してきた。

デビューシングル「Close to me」の作詞作曲を手掛け、映画のエンディングテーマも担当するMAN WITH A MISSIONメンバーの登場に、キャスト陣も興奮を隠し切れない様子だった。

イノハリのメジャーデビュー、そして映画「覆面系ノイズ」公開と、11月は激動の月となりそうだ。