「109MEN‘S ハロウィンスペシャルイベント」に、dTV×FOD共同製作ドラマ「花にけだもの」に出演する中村ゆりか、松尾太陽、甲斐翔真が登場

写真拡大

dTV×FOD共同製作ドラマ「花にけだもの」と109MEN'Sがスペシャルコラボを行い、同作に出演する中村ゆりか、松尾太陽、甲斐翔真が「109MEN‘S ハロウィンスペシャルイベント」にスペシャルゲストとして登場。

【写真を見る】超特急・タカシこと松尾太陽の部屋着を杉野遥亮が暴露

大きな拍手と歓声の中、中村、松尾、甲斐が登場し、「花にけだもの」の中での役どころを紹介した。そんな中、中村が鳥のような衣装を着た松尾にツッコむと「けだもの男子だから、けだものらしい衣装で来ました」と説明した。

■ 誰が一番“けだもの男子”か検証!

イベントでは、「松尾、甲斐のどちらがより“けだもの男子”に近いと思うか?」という質問に、中村は「今日衣装見た瞬間に松尾くんだと思いました!(笑) でも普段は、甲斐くんかな。私服が真っ黒だったり、ぼーっとしてたりするとちょっとクールな感じがするけど、話すと明るかったりしてギャップがある」と回答。

それに対して松尾は「僕はけだもの男子だと思います!」と即答するが、甲斐は「これ自分でけだもの男子って言うのってどうなの?(笑)」とツッコミを入れた。

そこで、自身の評価が合っているのかどうかをスタッフ・共演者から証言で検証することに。スタッフから2人のタレこみが寄せられるなか、共演者の“S野(杉野遥亮)”から「撮影中に松尾君の家に泊まりに行く機会がありました。わざわざ駅まで迎えにきてくれたんですが、なんとモコモコの部屋着で登場。けだもの男子とは程遠いそのいでたちに正直、『女子か』って思いました」というタレコミが。

このタレコミに対して松尾は「良く女子っぽいって周りから言われますが自覚はないです。女子っぽいのかなぁ?」と答えると、会場からは「女子っぽい」という声が上がった。

2人のさまざまな一面を知った中村に、松尾が「中村さんのタレコミもあります! 良く、一人でしゃべって一人で爆笑してるんです!」とリアルなタレコミをぶっちゃけた。

そして、フォトセッションの終了間際、バックパネルの幕が外れ、そこから大量のゾンビが発生するというサプライズが行われた。これには3人とも驚きつつも大爆笑。

甲斐は「リアル過ぎる! めっちゃ見られてる!(笑)」と笑い、中村は「すごく気を抜いていました!」と驚いていた。

一方、松尾は「僕このサプライズ聞いてたんですけど、それでも普通にびっくりしました(笑)」と答え、中村から「知ってたの!?」と逆に驚かれる場面も。

最後に甲斐が、「『花にけだもの』が配信されましたが、これからさらに面白くなります。僕も見たのですが、これは客観的に見ても絶対はまります!」と語り、松尾は「けだもの男子をやらせていただいて、けだもの男子の先駆けになりたいと思いましたが、後ろにリアルなけだものがいたり(笑)。これからさらにけだものに磨きをかけていきたいです。作品もぜひ見てほしいです」と意気込んだ。

中村は「今年は撮影でハロウィーンを味わえないと思っていましたが、今日ハロウィーンを味わえてすごく楽しかったです。緊張しやすくて、皆さんの前に立つと照れちゃうのですが、原作も作品も『花にけだもの』チームが大好きなので、ぜひ皆さんに見てほしいです」とアピールしてイベントは終了した。