アナウンサー歴26年、今も現役の「話し方のプロ」熊谷章洋さんがコツを教えてくれるメルマガ『話し方を磨く刺激的なひと言』。今回は、「爽やかな人」になれる話し方のコツについて。話していて気持ちのいい爽やかな人は、男女問わず好感を持たれますよね。熊谷さん曰く、ある音の発音さえ気をつければ、誰でも爽やかな話し方を身につけることができるのだとか。あなたの話し方は大丈夫ですか?

爽やかな印象を持たれたい人は、何を心掛ければ良いか?

いきなりですが、爽やか、という言葉って本当にその言葉自体に、なんだか爽快感があると思いませんか?

それには理由があるんです。

サワヤカ・・

先頭は「サ行」のサから始まっていますよね。

サ行というのは、息が上下の歯の間を吹き抜けるときに発する音であり、その音自体に風が吹くような清涼感が伴っているんです。

なおかつ、サも、ワも、ヤも、カも、全部ア段の音ですから、口を大きく開けて発せられています。サワヤカが、爽やかなのは当然ですよね。

そして、そこに、爽やかな話し方のコツも潜んでいます。

結論から言ってしまうと、「サワヤカを爽やかに言えるようになると、話す印象が爽やかになる」んです。

特に「サ行」と「ア段」をしっかり発音せよ、ということです。

ア段の発音については、このメルマガでも以前から何度かお話ししてきたとおり、五つの母音のうち一番大きく口を開かなくてはならない音であるため、横着になりがちなのです。

小さい口から大きい口へと動きのある言葉、例えば「イ→ア」が、ヤ「ウ→ア」が、ワとなってしまいがちなのですね。

ですから、ア段の音が続く言葉では、あえてアを「粒立てて」発音してみる気持ちが必要です。

もうひとつ「サ行」をしっかり出すことについてですが、サ行は甘くなるとファ、のような曖昧な音になりがちで、それが「だらしない」印象を与えてしまうものです。

サ行をしっかり出すためには、まずサ行の音がどんな音であるべきか、自分の口で試してみることをお勧めします。

上下の歯を合わせておいて「スーーーー」という音を出してみて下さい。

さらに歯を離す瞬間に「サッ」と力強く音を出してみて下さい。

そうです!そういう過程を経てサの音は出ているんですね。

ではそのサ行をより綺麗に発するためにはどうすればよいのでしょう?

何度か、それをやっていると、気づくことはありませんか?

それは、「唇が被ると、サ行は濁る」ということです。

逆に言うと、サ行をクリーンに発音するためには、歯の動きを、唇に邪魔させない、ということです。

「爽やか」と言われる人が決まって白い歯をしているのは、単に本当に歯が白い、というだけではありません。

爽やかに見える、というのは、白い歯がちらっと見えるぐらい、唇が広がって、歯の動きを邪魔していないことの現れでもあるのです!

唇を大きく開かなくても、口の中の空間を大きく開けることはできますが、

唇を開かないと、音に爽快感がでないのです。

ここがポイントです。

その結果、サ行をしっかり出そう、と心掛けると自然に笑顔が爽やかになる、というわけなんですね。

付け加えますと、実はカ行の子音も、爽やかさの重要な要素です。

カ行が奇麗になると、途端に、話し方がブラッシュアップされます。

カ行はあいまいになりやすい音なんですね。

そうなってしまうのは、上あごの奥、軟口蓋に近い、硬口蓋に、ピンポイントでコツンと、強い息が当たらないと、きれいな音にならないからです。

この点も、意識して取り組む価値があるポイントだと思います。

MAG2 NEWS