中国の外国語教学・研究出版社はこのほど、中国人民大学付属高校1年生の楊念慧さんが書いた英文小説「ロラニアのバンパイアたち」を出版した。

写真拡大

中国の外国語教学・研究出版社(以下は「外研社」とする)はこのほど、中国人民大学付属高校1年生の楊念慧さんが書いた英文小説「ロラニアのバンパイアたち」を出版した。これは、外研社が1979年に成立して以来、出版した初の高校生の作品だという。北京青年報が28日付で伝えた。

小学校5年生の頃から、英文小説にすごく夢中になっている楊さんは、ファンタジー小説の構想と創作を始めた。小学校5年生から中学校1年生にかけて、楊さんはこの小説を書き続けており、中学校時代から小説全般の編集作業をスタートしたのだ。最後に外研社によってこの「ロラニアのバンパイアたち」が出版された。小説は「バンパイアの王国」であるロラニアの物語を語っており、少年の「英雄」というものへの解読を核心とする。総文字数は6万字に達する。

高校1年生の楊さんは今年で15歳。英語の作文が得意で、成績も優れている。趣味もたくさんあり、ピアノとフィギュアスケートも上手だ。国内外のフィギュアスケート大会と英語コンテストに参加したことがある。楊さんの両親と英語の教師は彼女が英文小説の創作に成功したことについて、彼女自身の堅持と英語への情熱、また効率的な時間管理がその主な原因としているという。(提供/環球網・編集/黄テイ)