11月3日に発売を控えたiPhone Xが早くも実機レビュー用で各メディアに届けられています。米メディアAppleInsiderに到着したiPhoneXのハンズオン・レビューをまとめます。

まず第一にFace IDのキャリブレーション

実機レビュー用iPhone Xが届きました。iPhone Xの中身は基本的にiPhone8と同じですが、「すべてがスクリーン。」とキャッチフレーズがつけられている通り、ベゼルレスのOLEDディスプレイが表面に目一杯広がっており、Touch IDの代わりに顔認証機能であるFace IDが導入されています。
 
箱を開けてまず第一に行なうことは、Face IDのキャリブレーション(調整)です。指示にしたがい、顔をカメラの前で2度ぐるりと回して、システムが骨格を立体的に認識できるように調整します。
 

ホームインディケーターは使いやすい

ホームボタンが撤廃されたiPhone Xには、新たにホームインディケーターという、画面上のジェスチャーで画面切り替えを行なうことができるシステムが採用されています。
 
AppleInsiderのレビュアーによると、ホームインディケーターは非常に直感的であり、ここから新たな可能性が切り開かれるだろうとのことです。

ロック解除は非常に高速

Touch IDが取り払われ、顔認証のFace IDが代わりに搭載されたiPhone Xでは、画面のどこかを触って、自分の顔へと軽くデバイスを傾けるだけでロック解除ができるといいます。
 
レビュアーによるとその速さはほぼTouch IDと同じで、非常に滑らかな使い心地であるとのことです。
 
Face IDは、特にApply Payでの支払いの際に便利で、Face IDキャラクターのアニメーションで認証完了がわかるようになっています。
 

TrueDepthカメラは秀逸でとても楽しい

画面側に取り付けられたTrueDepthカメラで、個々人の顔の特徴に完全にマッチした拡張現実(AR)を楽しむことができます。
 
Snapchatのメイクアップや、Appleのアニ文字など、コンテンツは多彩でとてつもなく楽しいとレビュアーは語ります。
 

見た目と画面、両方美しいスマートフォン

iPhone Xは、iPhone8と同じく裏面はガラス素材で構成されています。ワイヤレス充電であるQiを動作させるためのガラス仕様ですが、見た目にも美しくなっています。
 
そしてレビュワーいわく、何よりもそのOLEDディスプレイはiPhone8がかすんで見えるほどの美しさだとのことです。
 
過去のiPhoneで撮った写真をiPhone Xに送るだけで新たに命がふきこまれるようだと語ります。
 

残念な点はひとつだけ

iPhone XはQiワイヤレス充電が可能で、急速充電にも対応しているにも関わらず、パッケージには通常の5ワットUSBチャージャーしか含まれていないことが唯一残念なことだとAppleInsiderレビュアーは嘆いていました。
 
 
Source:AppleInsider
Photo:GIPHY
(lexi)
 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ