齋藤コスモさん、藤田絵梨さん、杉本雛乃さん、高橋かなさん、森井ステファニー彩さん(写真左から)

写真拡大

10月30日に「2018ミス・インターナショナル世界大会」に参加する日本代表者を選出する「2018ミス・インターナショナル日本代表選出大会」が開催され、才色兼備の東京大学生・杉本雛乃さんが優勝。杉本さんは「私自身がここまで来るには、私の色々な葛藤や、苦労を常にそばで見守ってくれた友人や、誰よりも私を支えてくれ、ファンでいてくれ、私のことを第一考えてくれていた両親に感謝しています」と喜びのコメントを残した。

【写真を見る】まさに才色兼備! “パーフェクトボディ賞”も受賞した杉本雛乃さん

「ミス・インターナショナル ビューティ・ページェント」は、ミス・ワールド、ミス・ユニバースと並ぶ世界3大ビューティ・ページェントの1つで、1960年に誕生し、ことしで57回を迎える。

美しさはもちろん、国際親善や世界平和など、国際社会に貢献しようとする志の高い女性たちが「美と平和の親善大使」として集い、互いに交流を深めることを目的としている。

「2018ミス・インターナショナル日本代表選出大会」は、現在審査対象として残っている32人の中から、着物や水着、ドレス、スピーチ審査などを通じて日本代表を選出するもの。選出大会で優勝した杉本さんは、2018年に開催予定の「2018ミス・インターナショナル世界大会」に日本代表として参加する。

杉本さんは大会後「世界大会では、日本人としての奥ゆかしさや謙虚さを大切にし、しなやかさと強さを兼ね備えた女性として臨みたい」とコメント。

さらに、「これから一年間、ミス・インターナショナル日本代表として活動して参りますが、精いっぱいの努力をし、来年の世界大会では、誰よりも輝けるよう努めて参りますので、皆様どうぞ暖かく見守っていただけますと幸いです。本日は本当にありがとうございました」と、意気込みを語った。

また、藤田絵梨さん、高橋かなさん、齋藤コスモさん、森井ステファニー彩さんが準ミス日本代表に決定。

さらに、ことしは出場者たちのチャレンジをより多面的に評価をしていただくことを目的とし、一般からも参加できる審査システムを導入。その中で、WEB投票数合計1位に輝いた笹田華純さんが「WEBジェニック賞」という特別賞を授与された。

その他「パーフェクトボディ賞」に日本代表の杉本さん、「ビューティースキン賞」に赤星佳奈さん、「ハッピースマイル賞」に冨士京香さんがそれぞれ選出された。