今年の明治安田生命Jリーグも終盤戦。トップリーグであるJ1はもちろん2部のJ2も例年どおり、大きな盛り上がりを見せている。

先週末には、湘南ベルマーレのJ2優勝と自動昇格が決定。2位には「ジャパネットたかた」の創業者、高田明氏が社長を務めるV・ファーレン長崎がつけ、J1降格組の名古屋グランパス、アビスパ福岡が勝点2差でそれを追っている。残りは3節だ。

 

そのJ2でも週末はハロウィンムードが一気に高まった。現在8位とJ1昇降格プレーオフ圏内を狙う大分トリニータの試合では、チームマスコットがこんな姿で登場している。

トリニータが誇るマスコットのニータンが、見事な“ハロウィン仕様”に。その愛らしい姿にさらに磨きがかかり、移動のために使用しているお馴染みの台車も相まって、とにかく可愛い!

 

カメらしく「おつかめさまです」が合言葉のニータン。コスプレは元々お手の物である。

カッパ姿すらもカワイイ……。現在8位の大分。昇降格プレーオフ圏内の6位とは勝点4差があるが、ニータンとともにJ1復帰を勝ち取るため、残りの3試合の戦いに臨む。