【旬の果物が活躍♪】キラキラ&カリカリ「フルーツ飴」に子ども喜ぶ★

写真拡大 (全4枚)

カリカリ×キラキラ★屋台で食べたあの飴が実現!


お祭りの屋台で見かけると妙に食べたくなる、りんご飴。飴がかかっているので、ツヤツヤ&キラキラしてとてもきれい!一口かじると、パリパリの飴の中からりんごの果汁があふれてきますね。そんな飴を、秋ならではの果物でも作ってみませんか。砂糖さえあればできるので、飴づくりのコツさえつかめばどんどん作れますよ。

おすすめのレシピはこちら!


定番の「りんご飴」から、まずはスタート


鍋に砂糖を水を入れ、加熱すれば飴が完成します。あとはりんごにかけるだけ。
つくれぽ(みんなのつくりましたフォトレポート)には、親子で挑戦しているものもありますよ。


*リンゴ飴*

by miu☆shion

お祭りで売ってる「リンゴ飴」ですが
家で簡単に出来ます(*´∇`*)

すっぱいぶどうも、おいしくなる!「ぶどう飴」


ぶどうを使ったこちらのレシピは、一口サイズで食べやすいのが魅力。ちょっとすっぱいぶどうも、おいしく食べることができます。


パリッと美味しい☆ぶどう飴☆

by みみたぶぅ

お祭り気分でいかがですか?
とっても簡単で、子供たちも大喜び(≧∇≦)

冬は「みかん飴」もおいしそう


寒くなってきたら、みかんの出番です。酸味の強いみかんも、飴がかかると甘さUP!串に刺す個数を変えると、おもてなしのデザートにもなりそうですね。


酸っぱいミカンをミカン飴♪

by ANAANA777

甘くないミカン
子どもたちは食べない(正直者だね)
甘いミカン飴
子どもたちは勢いよく食べる(笑)

パリパリジューシーなフルーツ飴で、食欲の秋をぜひご堪能あれ〜★(TEXT:富田チヤコ)