ウォータースライダーがゆっくりと回転し、進む方向もスピードも予測不能だという「Slidewheel」のテストライドの映像が公開されました。ドイツのウォータースライダー建設会社が作りだした世界初・唯一無二のウォータースライダーになっています。

Slidewheel Testing & Construction Time-Lapse: Waterslide/Ferris Wheel Hybrid - YouTube

ムービーの最初には土台のようなものが映し出され、一体何が作られるのだ?と不思議になりますが……



すぐに観覧車っぽいものの形が見えてきます。



上から見るとこんな感じ。隣の建物と比べると巨大さがよくわかります。



観覧車っぽいものにはチューブがついており……



チューブがどんどん伸びていきます。







骨組みにチューブがぐるんぐるんと巻き付けられていきます。





真上から見るとこんな感じ。



周囲はのどかな住宅街なのでかなり異様な雰囲気。





手前にチューブの入り口があるのがわかります。ステージのような所からチューブへと入っていく様子。



完成。





ということで、ここからは内部を映したテストライドの映像。チューブの中では4人グループがボートに乗って滑っていきます。



スライダーは観覧車のように回転しているので、ボートはチューブの中を行ったり来たり。スピードもゆっくりだったり速かったりと緩急があります。



急なスピードアップに歓声があがります。



外が見えてきました。



最後はプールに放り出されて終わり。



Hackadayによると、SlideWheelは2012年にスイスの少年が生み出したアイデアをドイツのウォータースライダー建設会社・wiegand.maelzer GmbHが現実にしたもの。2015年にはSlideWheelの構想がYouTubeにアップされており、ムービーを見ると、SlideWheelがどのような仕組みになっているのかがよくわかります。

SlideWheel - Worlds most thrilling waterslide / www.wiegand-maelzer.com - YouTube

SlideWheelは高さ24m。



土地面積は26m×32mで……



観覧車中央、地上から12mのところに入り口があります。入り口直径は2.7m。



テストムービーとは少し形が違いますが、当初はこんな感じになる予定だったようです。



向かって左側が出口、右側が入り口。



4人が1組でボートに乗り、SlideWheelへと入っていきます。



ゆっくりの時は時速12kmほどですが……



最大時速は40kmになるとのこと。



以下の図では、黄緑色の部分にボートがあります。左から右へと、傾斜をボートがゆっくりと下っていき……



急カーブを通り抜けていきます。



カーブを抜けて少し上へと跳ね上がりますが、重力で再びカーブのところまで落ちていきました。



しかし、観覧車は時計回りに回っているので、傾斜が生まれることでさらにボートが滑っていくわけです。



さらに、次のボートが投入され……



一度に3つのボートが同時にチューブの中に入れるようになっています。