湘南ベルマーレがJ1昇格を決めた。

 最初に昇格した2009年から、これで4度目の昇格となる。しかも、?貴裁監督のもとでつかんだ3度の昇格は、今回も含めてすべて降格1年目で果たしている。

 3大タイトルを獲得したことのあるクラブ、歴史と伝統を持つクラブでも、J2からJ1へ復帰するのは簡単でない。J1より試合数が多く、中断期間がほとんど設定されないJ2は、本当の意味でのチーム力が問われる。

 そのなかで、湘南は4度も昇格を勝ち取っているのだ。それだけでなく、クラブとしてのスタイルを明確に打ち出している。現代サッカーの潮流となるハードワークをベースに、勝負にこだわりながらエンタテインメント性も追及している。

 どのクラブでも活躍できる可能性を秘めた選手が多いだけに、レギュラークラスを引き抜かれることが常態となっている。今シーズン前には背番号10を着けていた生え抜きの菊池大介らを失った。それだけでなく、今シーズンはキャプテンの高山薫がシーズンのほとんどをタッチラインの外側で過ごした。高山に代わってキャプテンマークを巻くことになった副将の菊地俊介も、ケガでシーズンを通して稼働できなかった。

 条件は厳しかったはずである。それでも、積み上げてきたスタイルが崩れることはなく、シーズン序盤から昇格争いの先頭に立ち続けてきた。?監督のリーダーシップはもちろん、選手一人ひとりが当事者意識を持っているからだろう。監督にも年上の選手にも寄りかからず、10代の選手でも「自分がチームを勝たせる」という気持ちを抱いていたからこその、安定感の高い戦いぶりだった。

 J2優勝を果たしたチームは、例によって魅力的な選手が多い。高卒1年目にしてポジションをつかんだ杉岡大暉は、東京五輪世代の有望株だ。J1の柏から自らの希望で期限付き移籍をしてきた秋野央樹も、湘南のチームカラーを身に付けている。FC東京から1年で復帰したGK秋元陽太も、勝点を運ぶプレーを見せた。次のシーズンへ向けてもまた、戦力の維持は大きなテーマになるだろう。

 J3までクラブが増えてくれば、序列が出来上がってくるのは間違いない。すべてのチームがJ1の優勝を射程にできるはずはなく、J1とJ2を行き来するクラブが生まれるのも避けがたいところだろう。

 湘南は責任企業を持たない市民クラブだ。身の丈に合った経営をしていかなければならない。

 そのうえで言えば、湘南はJ1に定着すべきクラブである。歴代の監督が土台を作り、?監督が磨き上げてきた攻守一体のサッカーは、日本のスタンダードを変える可能性を秘めているからだ。

 18年はロシアW杯が行われる。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督のチームがどのような結果を残しても、日本サッカーの方向性が議論されるはずだ。

 そのとき、湘南がJ1で存在感を発揮していれば──日本サッカーはひとつの道標を見つけることができるのではないか。“湘南の暴れん坊”の18年に、いまから期待を寄せたい理由である。