本田圭佑や香川真司らは招集外に【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は31日、11月に行う欧州遠征に向けた日本代表メンバー25名を発表した。海外メディアは今回のメンバー発表について、日本の“ビッグネーム”不在に注目している。

 日本代表は11月10日にフランスのリールでブラジル代表と、同14日にベルギーのブルージュでベルギー代表と対戦する。浦和レッズのMF長澤和輝が初招集を受け、ベルギーで活躍するMF森岡亮太やJ1で得点ランク首位に立つ浦和のFW興梠慎三らが復帰を果たしている。

 一方で、メキシコのパチューカに所属するFW本田圭佑とレスター・シティのFW岡崎慎司は、それぞれのクラブで好調なプレーを見せながらも10月に続いての招集外。ボルシア・ドルトムントで出場機会の確保に苦しむMF香川真司も招集されなかった。

 対戦相手であるブラジルのメディアも、日本が誇る攻撃のビッグネーム3人の不在に注目しているようだ。『グローボエスポルチ』は「日本が本田、香川、岡崎抜きのメンバーを発表」とのタイトルでメンバー発表について伝えた。3人は「過去7年間に日本サッカーを代表する存在として評価を確立させたが、昨年以来パフォーマンスが低下し、徐々にポジションを失っている。もはやレギュラーではない」と現状について説明している。

『FOXスポーツ』も同様に、「日本代表、ブラジルとベルギーとの親善試合に向けて香川、岡崎、本田抜き」と報道。「過去10年間に重要な役割を担ってきた3人の選手たちを欠いての戦いになる」と伝えている。

text by 編集部