モテ香水があれば、どんな人でもモテるか調査した

写真拡大 (全23枚)

本誌ではできないことをやってみた

こんにちは竹島です。寒くなって人肌恋しい季節に突入しましたね…彼氏つくろう。で突然ですが、みなさんは「意中の相手を誘惑する」際の救世主的アイテムといえば、何を想像しますか?  私はもっぱらこれだと思っています・・・

そう香水。男性を誘惑するといえばまずは嗅覚からでしょ(たぶん)。ってことで今日は「王道モテ」といわれている4系統の香水を実際につけて、男性の好感度を調査してみます。編集部一同(&謎の1名)が集まりました。

「柑橘系」「ムスク系」「シャンプー系」「官能系」の香水をそれぞれつけて、男性からどう感じたかコメントをもらってみます。

コメンテーターとして呼んだのは社内の男性3名。そして、たとえば「合コンに香水をつけて行くなら…」協力するべき女性側の意見も気にした方がいいかも、と思ったので編集部から女性1名も呼びました。

それぞれのモテ香水をつけた女性が1名ずつ現れるので、嗅覚をとぎすますべく目隠しをしたコメンテーターたちに匂いを嗅いでもらい、「こんな香りのイメージ」「つけている子はきっとこんな子に違いない」など妄想コメントをもらいたいと思います。※コメンテーターたちは、女性メンバーを把握していません。

エントリーNo.1 柑橘系

早速1人目の挑戦者・編集Sが登場! ボディつけたのは「香水界の癒し系」のこちら…!

「柑橘系」の大きい文字より、編集Sのクセが強すぎてスッと頭に入ってきませんね、すみません。

今回つけたのは、ロクシタンのヴァーベナ オードトワレ(100ml ¥5,600/ロクシタンジャポン)。上質なオーガニックヴァーベナのピュアでフレッシュなレモンを思わせる香りが特徴。昔、魔女が恋の媚薬に入れて、思いを寄せる人の気を引いたという言い伝えからヴァーベナは「恋を呼ぶハーブ」とも呼ばれているそう。そ、だから魔女っぽい人をご指名。

さ、早速香りをコメンテーターに匂ってもらいます。

呪いを2人にかけて、魔神を召還しようとしている絵にも見えますね。

ヴァーベナはとてもリフレッシュ効果がある香りなので、心なしかこんな強面でも和んでいる様に見えます。

(でもやっぱり怖い…。)

このフレッシュな香りを匂って、男性たちがどんな女の子か悩んでいますね〜。会場からは「すごく爽やか」「さてはショートカットなのでは?」などの声があがっています。

では改めて、香りのイメージとつけている女の子の印象(想像で)をまとめてみました。

〜コメンテーターの妄想〜

一同「これは絶対若い子! 20代…?」

「ものすごくリフレッシュ系で爽やか。ジムデートに一緒に行って、シャワー後に集合したらつけて来てほしい。髪の毛がまだ乾いてなくてちょっと濡れた前髪×この香りが最強」

「わかる。俺もスポーティ系の子かな。ボルダリングに一緒に行った帰りにこの香りであってほしい。絶対めっちゃ近づいてしまうやつ」

「そうだね。私も同意見! お風呂あがりにこの香りがすると、絶対みんな癒される。男女問わず好感度が高いはず」

「活発で元気な子だね。髪は絶対ショートヘア(一同・激しく共感)。僕は公園とかにデートに行きたいです」

エントリーNo.1のまとめ

コメントが意外にも満場一致だったエントリーNo.1。みんながイメージするのは若くてフレッシュな20代の女の子。運動神経のいい少し活発系。できればスポーツデートに行って、お風呂上がりにつけてきてほしいという、4名同意見の謎の妄想。やっぱり柑橘系は、フレッシュで癒される香りのイメージみたい。そして、髪は清潔感のあるさっぱりしたショートヘアのイメージだそう(笑)。

エントリーNo.2 官能系

次の挑戦者・編集Tが挑む、「お誘いフェロモンむんむん系」のこちら!

「官能系」=セクシーということで、ひょっとこの口元があひる口にも見えてきますね。

今回つけたのは、トーキョウランデブー オードパルファンのムーンシャドウ カカオ(50ml ¥8,000/セントネーションズ)。男性ホルモンを刺激する甘く美味しそうな香りシリーズの中でも、ビターカカオのアクセントが絶妙なバランスで効いて彼の欲求を掻き立てる官能的な香り。なんとタバコも調香されているというセクシーさ。

部屋に入った瞬間から、先ほどとまた打って変わった香り・セクシーな香りにニヤけが止まらない一同。

女性側の体温によって、香りの印象が変わる計算づくの官能系香水に対して、「あれ?匂いが変わったような?」と戸惑うコメンテーターも。

〜コメンテーターの妄想〜

「はいはいはい。これは暗めのおしゃれバーで赤いドレスを着てる子だわ。ちょっと露出感のあるセクシーな女性ね。間違いなく僕はユーワクされる(笑)」

「えーちょっと違うな。俺は30代前半で色白、華奢で髪は柔らかめを想像。20代前半から顔立ちが全く変わっていない人。雑貨屋さんとかおしゃれ系の店で働いてるな」

「おしゃれ系の店めっちゃわかる。俺は少しお香っぽいスパイシーさも感じるから、中央線沿いに住んでて沿線の古着屋さんで働いてる子を想像。クールめな服装っぽい」

「すごくフェロモン感じるセクシー系だから、透けブラウスとか着てそう。チョコレートっぽい感じもする。女子同士のイベントではなく、意中の男性向けによさげ」

エントリーNo.2のまとめ

時間が経つにつれ体温が変わるにつれ匂いが変化する官能系は、みんなが思わず惹かれてしまうセクシーな香りであることは間違いなさそう。ただ、そんな奥行きのある香りだからこそ、男性によって妄想する女性像が全く違う様子。それにしても、みんなニッチな意見だぜ。

さて、みんな大好き「シャンプーの香り」、
誰もが1つは持っている「ムスクの香り」の
調査結果&総合結果も見てみましょー!

 

エントリーNo.3 シャンプー系

続くのは、挑戦者・竹島。「王道モテ」と謳われているこちらをつけます!

熱気のたちこめる調査中の室内に、大汗をかいている私の汗臭さもカバーしてくれるのか!?

今回つけたのは、レール デュ サボンのオードトワレ(50ml ¥2,500/フィッツコーポレーション)。まるでシャワー直後のような清楚なイメージで王道モテを獲得してきたシャンプー系。誰もがなじみのある気持ちのいい記憶を蘇らせ、安心感を与えてくれる香り。この商品は香りカプセル配合だから、つけた時のままの香りを長時間キープできるらしい。

滝汗を流していたので、近距離を躊躇する私(笑)。

系統が全く異なる香水を順に匂って、そろそろ混乱してきた一同。「なんだか懐かしい香りだなぁ…」等の声があがっています。

〜コメンテーターの妄想〜

「あ、なんか懐かしい。親しみのある香りですこれ。ピンクとか好きで女の子らしい服装だけど、気はちょっと強くてデートの内容提案とか、女の子側からしてくれそう」

「わかる。記憶を辿る香りだなこれ…知ってるな。高校生時代とか青春時代を思い出す(笑)。僕的にもレースとか女の子っぽい服装だと思う」

「ほんまに意味分からんけど、セーラームーンでいうとセーラマーズかな(笑)。俺も凛としててちょっと気の強めな女の子を想像。広尾に住んでるのに電車じゃなくて、たぶんバス通い(笑)」

「みんなニッチ過ぎ。といいつつ私が想像した女の子も、服装はすごく女の子らしい子。シュープリーム ララが好きだと思う。あとヘアアレンジも好きでちゃんとこだわってそう。あと・・・」

_人人人人人_
>たぶん巨乳<
 ̄YY^Y^Y^Y ̄

エントリーNo.3のまとめ

最後のワンパンチが強すぎたNo.3。編集Aが放った「たぶん巨乳」説は全員賛同。イメージと違ってすみません(笑)。ちっさい族の女の子の魔法のアイテムとして今日からおすすめしたいな…w。そして、清楚なイメージのシャンプー系は、可愛いらしいビジュアルだけどどこか気の強さも感じる女の子なよう。満場一致で記憶の中でなじみのある、心地の良い香りだそう。

エントリーNo.4 ムスク系

さてついに最終エントリーは挑戦者・??。謎にみちた人物がつけたのは、「女らしい香りといえば」のこちら!

甘く柔らかいこの香りを身にまとった、おかめさんが会場に現れます。

今回つけたのは、レペットのオードトワレ(50ml ¥8,000/ブルーベル・ジャパン 香水・化粧品事業本部)。バレエシューズ、ウエアで有名なフランスのブランドから、バレリーナの優雅で繊細な香りを表現した香水が登場。ムスキーなパウダリーローズやバニラ、サクラの香りがとても柔らかくて女性らしい香り。

入室した瞬間から、香りを感知した様子。少しつけただけでもしっかり香るようです。

「女っぽい!」「エロいな…」等の声にテンションがアガるおかめさん。

〜コメンテーターの妄想〜

「あーこれ、すごく好きだわ。年齢は決して若すぎず、ちょうどいい年頃だね。すごくそそられます(笑)」

「たしかに、この人はお姉さん系かも。1軒目の店ではなく、2軒目にふらっと立ち寄ったお店にいそう。イタリアンバルとか。」

「わかる。男性ならくらっとくる香りだね。たしかに和食のお店でデートするってよりは洋風な店がいい。でも一緒に行く系の女性ではなく、隣のテーブルにいて、ふと出会うみたいな、ね」

「またみんなニッチ。たしかに女性からの意見としても、No.1(柑橘系)やNo.3(シャンプー系)に比べて、少し経験をつんだ大人の女性って感じがする。タイトスカート履いてそう」

エントリーNo.4のまとめ

包容力のあるムスク系の香りは、その狙いの通り香りで包んでくれる余裕のある大人の女性感がある様子。あと男性にとっては、その上セクシーな惑わせ感もあって想像を掻き立てられるみたい。その流れがあるからこそ、男性はみんな出会う飲食店までイメージしちゃったみたい(笑)

・・・。
だけど!実は!!
そんな印象とは、全く異なる人がつけてるんですけどね!!!

そう、No.4でムスク系をつけた謎の挑戦者は、男性。

冒頭からそうしか思えなかった読者のみなさんすみません。そんなネタバレを最後にコメンテーターにかましたところ、みんな崩れ落ちました。

まとめ

と、いうわけでモテると世間からいわれている「4種のモテ香水」は、どんな人がつけてもたしかに効果があることが判明しました。つけた側の編集S・竹島・Tも性格や年齢、好きなファッションなどが、3人3色異なるのに、それぞれちゃんと男性からの好評価をGET。それに目隠しして匂ってもらったら、実際につけている人のイメージと全く違う結果に。しかもニッチな設定まで妄想されるほど(笑)。

どれが一番モテるかということよりも、今日の調査結果から自分のなりたいイメージや、つけるタイミング、落としたい男性の系統に合わせて香水を選ぶのもいいかもしれませんね!!

調査系やってみた記事、また次回の調査もあるかも!? お楽しみに〜!