画像提供:マイナビニュース

写真拡大

LCCのPeach Aviationは10月31日、新潟=大阪(関西)線を2018年3月1日に開設することを発表した。新潟路線の開設は日本のLCCで初めてとなる。新潟=関西線は1日1往復運航し、チケットは10月31日より販売を開始した。

2018年3月1〜24日における新潟=関西線は、MM144(13:35新潟発/15:10関西着)とMM143(12:00関西発/13:05新潟着)で、運賃(シンプルピーチ/片道)は4,190円〜2万3,090円となる。なお、支払手数料や空港使用料等、手荷物預け、座席指定には別途料金が必要となる。

代表取締役CEOの井上慎一氏は「これから新潟と関西がもっと近くなります。新潟県はグルメ・観光資源ともに魅力溢れるエリアで、大きな潜在需要があることを確信しています。日本を代表するお米やお酒、スキー場や温泉地で有名な新潟は、関西のみならずアジアの方にとっても日本らしさを感じることができる魅力あるエリアです。また、近年では芸術祭や音楽フェスなどでも人気のエリアで、新潟県には古くから親しまれている文化と新たな文化の両方が共存しています。

Peachが新潟県に就航することで、関西から、そしてアジアから関西空港を経由してたくさんの方が新潟県に訪れることでしょう。Peachは今回の就航により、新潟・上信越エリアの方々と協力しながら、このエリアを盛り上げ地域経済の活性化、ひいては地方創生にも微力ながら貢献できればと考えています。また、新潟県の皆様にも『空飛ぶ電車』で気軽に関西へ、そして関西からアジアへ訪れていただきたいと思います」とコメントしている。