画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●サブカルじゃない大人なパルコ「パルコヤ」の全貌

100年以上の歴史を有する松坂屋上野店。増築として昭和32(1957)年に建てられた南館は2014年春に閉館し、そしてこの11月4日、パルコとTOHOシネマズ、そして賃貸オフィスを備えた総合商業施設「上野フロンティアタワー」として新しいスタートを切る。各社はここを起点に、上野に馴染んだ"新しい挑戦"を始める。

○老舗の松坂屋をリスペクトした「パルコヤ」

上野フロンティアタワーは、都営大江戸線「上野御徒町駅」より徒歩1分、また、JR「御徒町駅」より徒歩2分という立地。地上23階・地下2階・塔屋1階からなる高さ約117mのビルは、近辺に同等の高層ビルがない上野の街でとてもよく目立つ。地下1階が大丸松坂屋百貨店、地下1〜6階がパルコ、7〜10階がTOHOシネマズ、12〜22階がオフィスで構成されており、パルコが東京23区内で新店舗を構えるのは、昭和48(1973)年にオープンした「渋谷PARCO」以来、44年ぶりとなる。そのパルコは、上野で「PARCO_ya」という新業態を展開する。

大丸松坂屋百貨店を傘下に擁するJ.フロント リテイリングが、パルコを子会社化したのは2012年のこと。この頃にはすでに、南館跡地に建てる複合施設にパルコを進出させるという構想があったという。

ネーミングに関してパルコ代表執行役社長の牧山浩三氏は、「歴史ある松坂屋へのリスペクトとして、同じ"ヤ"が付く"パルコヤ"がいいんじゃないか、というのがそもそもの話。その後、威勢のいい掛け声の"○○ヤ〜"や、日本の老舗をイメージさせる"○○屋"という意味合いを膨らませ、『PARCO_ya』というネーミングにした」と語る。

パルコに対して、「渋谷PARCO」が代表するようなサブカルチャーをイメージする人も多いだろう。その意味で言うと、「PARCO_ya」は既存のパルコとは異なり、伝統をテーマにしたオシャレな大人のたまり場になるような空間を目指している。また、随所にパンダモチーフの商品が並んでいるのは、もちろん、上野という街を意識したものだ。

○地元・上野の名店が新しい風を吹き込む

店舗展開には地元民の声も反映し、厳選された全68店舗をそろえた。上野・御徒町エリア初登場の店舗は約8割となる52店舗、そして、地元ゆかりの企業や約2割となる11店舗がそろう。コスメ・ファッション雑貨・フードがそろった1階には、黒木純氏がオーナーシェフをつとめる日本料理店「くろぎ」の新業態となる、和カフェ&バー「廚 otona くろぎ」が出店している。

「廚 otona くろぎ」は、もともと湯島に店を構えていたくろぎが「礎を築いた上野にくろぎを残したい」という想いから誕生したお店だ。店内では湯島のお店と同様、ジャズが流れ、建築家・隈研吾氏がデザインしたシックな内装が特長となっている。同店限定の「黒蜜きなこパフェ」(税込1,700円)と「抹茶パフェ」(税込1,800円)には、葛もちやアイス、カステラ、ソフトクリームなどがたっぷり盛られ、ラム酒の入った黒蜜が別添えになっているのがなんとも心憎い。

2,3階はファッションエリアとなっており、中でも2階のバッグ「KURA CHIKA by PORTER」は、上野で技を磨いた吉田吉蔵氏が創業した「吉田カバン」の専門店。同店でクラチカオリジナルの新シリーズ「PORTER THINGS」を先行発売する。また、旧南館でも人気があった、フレッシュケーキ&カフェ「ハーブス」(2階)と甘味処「あんみつ みはし」(3階)は、かつてのファンも喜ばせてくれる存在となるだろう。4階はコスメ雑貨・美容室が、5階にはファッション・雑貨・トラベルカウンターがそろう。

6階のレストランエリアは「口福回廊」とネーミングされており、素材にこだわった9店舗がそろっている。地元のゆかりのお店として、明治25(1892)年創業の「上野 藪そば」が初めてビルインして展開する「うえの やぶそば」も軒を連ねる。代々受け継がれてきた江戸蕎麦に加え、新しいチャレンジとして和ガレットの「そば鼓」を月替わりで1種類ずつ展開する。蕎麦粉がもつ風味に加え、もちっとした食感もパリッとした食感も、両方楽しむことができる。

そのほか、北海道から毎日直送される食材を使用したハンバーグ専門店「くろまる」や、石川・金沢の名店「金沢まいもん寿司」、リーズナブルにワインを楽しめる「上野 ワインバル八十郎」、厳選された黒毛和牛を提供する「上野 焼肉 陽山道」など、和洋中の料理を取りそろえている。この6階には、案内ロボット「Siriusubot(シリウスボット)」を導入。日本語と英語で案内してくれるほか、走行して目的のショップまで案内してくれる。

上野フロンティアタワーには「PARCO_ya」以外にも、3つのエリアが広がっている。また、タワーの開業に合わせて、松坂屋上野店本館にも新しいエリアが生まれ、新しいサービスが始まる。

●松坂屋上野店は"脱百貨店"でも"上野好き"に応える店&品揃え

○上野ゆかりの東宝が復活

「PARCO_ya」の上には、地元民からのシネマコンプレックスへの期待に応え、「TOHOシネマズ 上野」を7〜10階に展開する。もともと上野エリアでは、昭和29(1954)年〜2003年までの48年間、「上野東宝劇場」と「上野宝塚劇場」が運営されていた歴史があり、今回の展開は"復活"ということになる。

全スクリーンにヴィヴ・オーディオスピーカーを採用し、優れた音響品質を提供。約1,400席で最大300席規模のスクリーンも備える。映画は洋画・邦画と幅広いジャンルを提供するが、中でも近隣の秋葉原を意識し、アニメファンから支持される上映ラインナップを予定している。

○就労者を街に呼び込む

さらにその上の12〜22階には、オフィスが広がっている。上野の街を眺望するオフィスはすでに埋まっており、近隣の企業も入居しているという。「上野駅という北の入り口にも近く、また、都心にもアクセスしやすい立地でありながら、都心3区(千代田区、中央区、港区)に比べて割安感が高いことで支持された」と、大丸松坂屋百貨店 不動産事業部の齋藤孝明マネージャーは言う。上野フロンティアタワーに賃貸オフィスを設けることで就労者を街に呼び込み、タワー以外の近隣施設にも賑わいを波及することを狙っている。

○上野ファンの声を具現化したエリア

上野フロンティアタワーのオープンに合わせて、松坂屋上野店本館も新エリア開業のほか、従来エリアでも品揃えや装飾の刷新を図り、従来の顧客層である40〜50代女性をメインターゲットにしつつ、パルコとのシナジー効果を高める取り組みを行っている。地下1階の食品フロア「ほっぺタウン」も、「金沢まいもん市場」や「肉卸小島」等という新店舗が拡充された。

まず、上野フロンティアタワーの地下1階は松坂屋上野店のフロアとなる。本館にあった婦人靴エリアを移設したほか、本館でも連動して展開する「上野が、すき。」を集約したエリア「上野が、好き。ステーション」が広がっている。この「上野が、すき。」は、上野好きが集まり、上野をもっと楽しむことを目指した無料のコミュニティサイトであり、現在そのメンバーは3万人を超えた。今回の新展開には、随所にメンバーの声も生かされているという。

上野フロンティアタワー地下1階の「上野が、すき。ステーション」には、上野の情報を発信する「上野案内所」を設置。また、上野エリアの老舗や名店の中からえりすぐりの商品をそろえており、知られざる上野に触れることができる。

本館2階には「上野が、すき。」メンバーからも要望が多かったという、美や健康をテーマにした14店舗がそろう「上野 HA・NA・RE」や、メンバーとつくる美と健康の新オアシスを目指した「上野が、好き。カフェコムサ」を展開する。

また、本館7階には「上野が、すき。ギャラリー」も設置。ギャラリーでは11月1〜7日の期間、上野にキャンパスを構える東京藝術大学との共同企画「貴重映像でふり返る 松坂屋上野店の歩み」を展開している。昭和4(1929)年に現在の本館が完成した際、日本で初めてのエレベーターガールが誕生したのもこの松坂屋上野店だ。そうした歴史を、ここで振り返ってみるのも面白そうだ。

パルコは特区認定での大型プロジェクトでも中低層商業施設で展開する小規模なゼロゲート事業でもない、新業態「PARCO_ya」で新しい価値の創出を目指す。そして、大丸松坂屋百貨店は上野に根ざしながらも、4月20日にオープンした「GINZA SIX」等とともに複合施設として"脱百貨店"を目指す。パルコの牧山代表執行役社長は、「この上野での取り組みにより、J.フロント リテイリング入りしたパルコが開花する」と話すように、この場所から新しい上野が始まるとともに、新しい街のカタチも始まると言えるそうだ。