上海国際映画祭と東京国際映画祭は26日午前、映画の共同製作推進に関する記者会見「日中映画交流の新たな展開」を開催。

写真拡大

上海国際映画祭と東京国際映画祭は26日午前、映画の共同製作推進に関する記者会見「日中映画交流の新たな展開」を開催。双方代表が「日本の新作映画展」を、今年12月1-3日、上海、昆明、深センで開催することを発表した。このイベントは、日中国交正常化45周年を記念する企画で、上海国際映画祭、東京国際映画祭、日本国際交流基金が共同で開催する「日中の新作映画展」の一環。中国の新作映画展は来年3月、東京、大阪、名古屋で開催される。

【その他の写真】

記者会見に出席した在日本中国大使館の薛剣・公使級参事官は挨拶の中で、「中日両国は隣国で、文化も互いに通じ合うものがある。『中日の新作映画展』は文化交流の成果だ。今年は中日国交正常化45周年で、来年は平和友好条約締結40周年。そのため、両国の映画関係者間の作品共同製作、交流は、過去にもまして現実的な意義を帯び、両国関係の改善や発展に一層大きなプラスのエネルギーを注入してくれる。当大使館は今後、さらに多くの映画作品の共同製作・交流を促進するために、一層協力する」と語った。

西村康稔官房副長官や萩生田光一・自民党幹事長代行は挨拶の中で、共同映画製作協定が9月末までに大筋で合意したことを明らかにしたほか、「新作映画展は日中共同製作交流の成果の一つだ」と高く評価した。

上海国際映画祭センターの于侃・総経理助手は記者会見で、今年12月1-3日、上海、深セン、昆明で、「日本の新作映画展」を同時開催することを明らかにした。映画展で上映されるのは河瀬直美監督の「光」、小林政広監督の「海辺のリア」、吉田大八監督の「美しい星」、熊切和嘉監督の「武曲MUKOKU」、冨永昌敬監督の「南瓜とマヨネーズ」、白石晃士監督の「不能犯」、熊澤尚人監督の「ユリゴコロ」、「心が叫びたがってるんだ。」、三木康一郎監督の「覆面系ノイズ」、荻上直子監督の「彼らが本気で編むときは、」など、日本の最新映画。一部の作品はワールドプレミアで、それ以外の作品も全て中国プレミアとなる。

その他、日本国際交流基金の安藤裕康理事長が記者会見で、「中国の新作映画展」が2018年3月8-14日、東京、大阪、名古屋で開催されることを発表した。上映されるのは中国の最新映画で、その多くが上海の映画製作会社によって製作されたものだ。

記者会見では、株式会社KADOKAWAの角川歴彦・取締役会長が、日中合作映画「妖猫伝(日本名:空海--KU-KAI--)」の製作状況を紹介したほか、同映画に出演している女優・松阪慶子や原作小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」の作者・夢枕獏なども挨拶を行った。同映画は今年12月22日に北京でワールドプレミアを行い、来年2月14日に日本で公開される。その他、「君よ憤怒の河を渉れ」をリメイクした日中合作映画「「追捕 MANHUNT」や「戦狼ウルフ・オブ・ウォー(原題:戦狼2)」なども連続公開される。記者会見では、同三作品の予告編が流された。(提供/人民網日本語版・編集KN)