(画像左から)株式会社渋谷マークシティ代表取締役・田川 稔(たがわ・みのる)氏・渋谷区オリンピック・パラリンピック担当部長・安蔵 邦彦(あんぞう くにひこ)・パラスポーツ(射撃)・パラリンピアン田口 亜希(たぐち・あき)・柔道家篠原 信一(しのはら・しんいち)・東京オリンピック・パラリンピック準備局理事(パラリンピック準備調整担当延與 桂(えんよ・かつら)・一般社団法人渋谷区観光協会代表理事金山 淳吾(かなやま・じゅんご)

写真拡大 (全2枚)

 パラスポーツの魅力を発信する「BEYOND FES 渋谷」が10月20日から渋谷マークシティを中心に行われている。

 このイベントは、都が昨年11月から展開しているパラスポーツ応援プロジェクト「TEAM BEYOND」の一環として初心者でも楽しめる競技体験会やアスリートの本音が聞けるトークショー、競技の魅力や迫力を伝える展示会など誰でも楽しめるプログラムが用意され、会場での観戦者を増やすことを目的に開催された大規模なイベント。

 同施設1階に設置されたイベントブースでは20日、オープニングセレモニーがおこなわれ、シドニー五輪銀メダリストの篠原信一さん、3度パラリンピックに出場しているパラアスリート(射撃)の田口亜希さんが出席し、会場を盛り上げた。

 はじめに主催者の延與 桂(えんよ かつら) 東京都オリンピック・パラリンピック準備局理事は冒頭の挨拶で「今回の『BEYOND FES 渋谷』は、会場でのパラスポーツ観戦を広く呼びかけるための初めての大規模イベントです。パラスポーツやアスリートを知り、ファンになって応援することが障がい者を深く理解することにつながり、東京都の目指す共生社会の実現に向けた大きな力になると考えています。どうぞ皆様、『BEYOND FES 渋谷』を存分に楽しんでいただき、パラスポーツに興味を持っていただき、試合会場に行って応援をしていただければうれしく思います」と話した。

 イベントで興味のあるパラスポーツについて問われた篠原さんは、「肌と肌を感じながら試合をする。ダイナミックな攻防、キレのあるダイナミックな技が見られる」と、パラ柔道を紹介した。

 また、射撃を始めるきっかけについて質問された田口さんは、「車いす生活になる前に豪華客船の乗組員になるため、都内のホテルで研修をおこなっていた時に出会った男性がクレー射撃をやっていたことがきっかけ」と答え、その男性にまた会いたい・お礼を言いたいと語ると篠原が「この『TEAM BEYOND』がその男性を探してくれると思いますよ」と関係者へむちゃ振りをする場面もあった。

 イベント後の取材で田口さんは「(BEYOND FES 渋谷を通じて)パラスポーツを身近に感じてもらいたい。パラリンピアンたちが自身のもつ力をどのように工夫して最大限、出しているのかを観ていただけると(通常のスポーツとは)また違った楽しさがあると思う」と、パラリンピアンたちの注目すべき点を語った。

 「BEYOND FES 渋谷」は11月11日まで開催。渋谷マークシティ内に大会情報や競技に関するパネルが展示されるほか街頭ビジョンや街中に設置されるタブレットで「BEYOND AWARD 2017」映像部門の受賞候補作品を公開する。さらに、渋谷区で行われる各イベントと連携しパラスポーツの魅力を伝えていく。