浦和からは最多5選手が選出されたが、ACL決勝を控えるため疑問の声が上がっている

写真拡大

 欧州遠征を行う日本代表メンバーが31日に発表になった。FW本田圭佑やMF香川真司らが選外となるサプライズがあったが、SNSなどネット上では浦和レッズから5選手が選出されたことが話題となっている。

 11月10日にブラジル戦、同14日にベルギー戦を行うメンバーに、バヒド・ハリルホジッチ監督は浦和からGK西川周作、DF槙野智章、MF遠藤航、MF長澤和輝、FW興梠慎三を招集した。特に初招集となった長澤については、ハリルホジッチ監督も直接視察した10月18日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦の上海上港戦でみせたパフォーマンスが高く評価されたと説明があった。

 しかし浦和はサウジアラビアのリヤドで行うACL決勝第1戦を11月18日に控えている。同14日のベルギー戦に出場すれば中3日。浦和としては決戦直前まで主力メンバーがチームを離れることになり、たとえ日本代表戦に出場しなくとも、影響がないとは言い切れない。

 会見でも質問があったこの話題。ハリルホジッチ監督は「日本のことを考えると、浦和のファイナルは重要。浦和だけでなく、背後に日本が隠れている。頭ではしっかり浦和さんのことを配慮している」とACL決勝の重要度を強調したが、ツイッター上では「今回は専念させてもよいのでは」「このタイミングで呼び過ぎじゃない?」といった疑問の声が噴出している。


●2018W杯ロシア大会特集ページ

●ACL2017特設ページ