「コスメキッチン アダプテーション」が監修する朝食メニュー

写真拡大

 フェリーチェが展開する女性向けデザイナーズビジネスホテル「リリーフプレミアム羽田」が、10月31日に開業した。アメニティーや朝食などのソフト面をマッシュホールディングス(以下、マッシュ)が全面監修。女性をメインターゲットに、ヨガやオーガニックをメニューに取り入れたモーニングなど朝美活のサービスを提供する。
 「リリーフプレミアム羽田」は京急蒲田駅東口から徒歩約5分のエリアに立地。地上12階建てで、計120室を備える。客室タイプはダブル、デラックスダブル、ツイン、デラックスツインの4種類を用意し、ホワイト、ナチュラル、モノクロームの3つのコンセプトから選ぶことができる(デラックスツインを除く)。アメニティーとして「エッフェオーガニック(F organics)」のスキンケアラインのほか、各部屋にシャンプーやコンディショナー、ボディーソープ、ローション、ミルク、トゥースペーストを常備する。
 朝食は朝美活ビュッフェメニューとして、マッシュ初のオーガニックレストラン「コスメキッチン アダプテーション(Cosme Kitchen Adaptation)」が監修。食べて綺麗になる「クリーンイーティング(CLEAN EATING)」というコンセプトを継承し、有機栽培や薬品を極力使わずに栽培したサラダと、美容成分を配合したドレッシング、デリ、ギルトフリースイーツ、スープ、ビーガン丼などのヘルシーでフォトジェニックな料理をお膳スタイルで提供する。また、ヨガやジョギングを日常に取り入れる女性が増えていることに着目し、「エミ(emmi)」がセレクトしたジョギングウエアやスニーカー、ヨガウエアを無料で貸し出す。新月の日には無料の朝ヨガワークショップを開催し、今後はランニングなどさまざまなイベントを企画していくという。なお、エミはスタッフが着用するベストをオリジナルで製作した。
 同ホテルはフェリーチェの最上級カテゴリーの中でも女性向けのデザイナーズビジネスホテルとして展開。マッシュスポーツラボの鈴木努代表は、フェリーチェの大森真代表がアパレルの販売員だった頃からの知人であることに加え、同社の「心も身体も元気になれるホテルを作りたい」という発想がマッシュの企業理念と合致することから協業に至ったという。マッシュとしてもホテル分野では初めての取り組みとなった。近年はストライプインターナショナルや良品計画、カフェ・カンパニーなど異業種によるホテル事業参入が目立っているが、マッシュでは現段階で参入は検討していないという。