仲間由紀恵の誕生日を井上真央らがお祝い 仲間「周りへの感謝を伝えられるような1年に」

写真拡大

 カンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜21時より放送されている連続ドラマ『明日の約束』に出演中の仲間由紀恵が、昨日10月30日、38歳の誕生日を迎え、撮影現場で、共演者である井上真央と及川光博らがサプライズで祝った。

(参考:井上真央主演『明日の約束』の“毒親”に視聴者騒然 日向が抱える闇の深さ

 井上がケーキを手渡しすると、仲間から「こ、怖い! なんで最も怖い写真を選んだの!?(苦笑)」との声が。ケーキの上に飾られたのは、第1話で仲間が演じる真紀子が息子・(遠藤健慎)の背後からスマートフォンでのやりとりを覗き込んでいたシーンをそのまま再現した、特注のプレート。井上は「怖い〜」、及川は「このシーンね、怖かった」と言葉を漏らし、仲間も「お心遣いありがとうございます。う、嬉しいです……!」と、困惑しながらも笑顔を見せた。

 番組タイトル『明日の約束』にちなんで、新しい1年の約束を聞かれた仲間は「年々気付くと歳を重ねているので、ここらで自分をちゃんと振り返って、さらに感謝の気持ちを忘れずに、より親孝行をして、周りへの感謝を伝えられるような1年にしたい」と抱負を語った。すると及川から「立派なコメントですね。ターンとかはしないんですか? ハロウィンのコスプレとかはしないんですか?」との発言が飛び、現場は笑いに包まれた。

 今夜放送の第3話では、圭吾(遠藤健慎)の突然の死に、マスコミや世間の“犯人探し”が勢いを増していくなか、仲間演じる母親・真紀子がテレビの独占インタビュー応じ、バスケ部内でのイジメや暴力が明かされていく。

(リアルサウンド編集部)