『トロールズ』の妖精“ポピー”に扮した1歳女の子(画像は『Abrielle_w 2017年10月28日付Facebook「When your mommy makes your costume and wig Harvest fest ready」』のスクリーンショット)

写真拡大

今日31日はハロウィン。最近は宗教的な意味合いが薄れ、子供たちが仮装をしながら「トリック・オア・トリート」と近所の家をまわってお菓子をもらうイベント色が強いが、小さな子供を持つ親にとって“何に変身させるか”は悩みの種でもある。アメリカでは1か月も前からハロウィンのコスチュームが店頭に並ぶが、オリジナリティ溢れるデザインはなかなか見られないものだ。そんな中、オハイオ州在住の母親が娘のハロウィン用に手作りした衣装がSNSで話題になっている。

【この記事の動画を見る】

オハイオ州トウィンズバーグに住むチクイア・ウォーターズさんが再現したのは、2016年11月にアメリカで公開された3Dアニメ映画『トロールズ』の妖精“プリンセス・ポピー”だ。ピンク色の髪の毛を逆立たせ、まるで映画から飛び出してきたような姿に扮したのは、ウォーターズさんの1歳の娘アブリエールちゃんだ。

ハロウィンにあわせ、プリンセスになったアブリエールちゃんの姿をInstagramやFacebookに投稿すると瞬く間に評判となり、これまでの視聴回数は1400万回を超えている。

ウォーターズさんは「『超が付くほど可愛いトロール(super cute troll)にしたい』という一心で作ったの。衣装制作には2日、30ドルくらいかかったわ。こんなに投稿が拡散するなんて思わなかったから、正直とても驚いているの」と語っている。ウォーターズさんはその後、YouTubeにDIYビデオを公開した。

映画やアニメのキャラクターは子供たちに大人気だが、「今年のハロウィンは間に合わない!」という方は来年にでもオリジナル衣装に挑戦してみてはいかがだろうか。

画像は『Abrielle_w 2017年10月28日付Facebook「When your mommy makes your costume and wig Harvest fest ready」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)