森岡は約3年ぶりの日本代表復帰となった。(C)Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 ハビエル・アギーレ体制下の2014年11月以来、ベルギーリーグのベベレンに所属する森岡亮太が約3年ぶりの日本代表復帰を果たした。
 
「森岡は長い間知っていたが、そこまで興味は引きつけられなかった。今年からベルギーでやっていて、そこから気になり始めた。パフォーマンスが徐々に上がったことで、私の興味を引きつけた」
 
 森岡の初招集の理由を日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督はこのように話すが、最も評価しているのはやはり攻撃面のようだ。
 
「ベルギーでは彼の話がされている。とくにポジティブな話。最後のパス、それから得点といったオフェンス面のパフォーマンスを評価できる。6得点・6アシストですね。私のアシスタントにトレーニング状況を見てもらった。(向こうの監督など)みんな彼のパフォーマンスが嬉しいと言っている」
 
 ポーランドのブロツワフから現所属のベベレンに移籍後、存在感が増している森岡。しかし、課題もあると代表指揮官は言う。
 
「もちろん、伸ばすべきところもある。とくに守備面のデュエルのところ。彼とは何度かそういう話はしている。合宿でも話していきたい」
 
「日本代表では攻撃だけではなく、守備もしなければならない。現代フットボールでは全員が攻撃も守備もやる」と述べるハリルホジッチ監督のもとで、森岡は持ち前の攻撃センスに加え、守備での貢献も必須だろう。今回の11月シリーズは格上のブラジルとベルギーが相手だが、攻守両面で真価が問われる。

【日本代表PHOTO】ブラジル・ベルギー戦へ向けた招集メンバー25人
 日本代表メンバー25名は以下の通り。

日本代表メンバー
GK
川島永嗣(メス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
西川周作(浦和レッズ)

DF
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルク/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
三浦弦太(ガンバ大阪)
槙野智章(浦和レッズ)
昌子 源(鹿島アントラーズ)

MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
遠藤 航(浦和レッズ)
山口 蛍(セレッソ大阪)
井手口陽介(ガンバ大阪)
倉田 秋(ガンバ大阪)
森岡亮太(ワーストラント・ベヘレン)
長澤和輝(浦和レッズ)

FW
久保裕也(ヘント/ベルギー)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
乾 貴士(エイバル/スペイン)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
杉本健勇(セレッソ大阪)
興梠慎三(浦和レッズ)