桐嶋ノドカ、小林武史とryo (supercell)ダブルプロデュースによる1stシングル曲MV公開

写真拡大

 桐嶋ノドカが、11月22日にリリースする1stシングル『言葉にしたくてできない言葉を』より、表題曲のMVを公開した。 

関連:桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」MV

 同シングルは、小林武史とryo (supercell)によるダブルプロデュース作品。表題曲「言葉にしたくてできない言葉を」のMVは、米津玄師の仮想空間を用いたティザー動画を制作するなど、テクノロジーとアートの融合を得意とする天野清之が監督を務めた。

 映像は、大型スクリーンなどに投影する装置であるプロジェクタを5台連動させ、スタジオ内の白壁3面と床に対して計4面のプロジェクションマッピングを行って撮影。桐嶋の動きとシンクロさせることで異空間を作り上げ、桐嶋の動作にあわせて光が広がったり、ソファーから飛び降りる桐嶋の動きとシンクロし、場面が海のなかへ転換するなど、通常の撮影では見ることのできない空間が演出されている。

 なお、表題曲「言葉にしたくてできない言葉を」は、11月より全国順次公開される映画『爪先の宇宙』の主題歌に起用されており、桐嶋は同作の主人公・吉河亜紀役として主演も務める。(リアルサウンド編集部)