サッカー、スポーツにおいて最も大切な要素とは【写真:Getty Images】

写真拡大

【連載コラム】ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」――子供が子供らしくいられる場所

 ドイツのU-9年代にはまだリーグ戦がなく、近隣数クラブでのワンデー総当たり戦という形で試合が行われるのが一般的だ。1試合は10分で各チーム1日4〜5試合。GKを入れて5対5、30m×20mのコートを3〜4つ設置して試合をさばくので、大体2〜3時間でおしまい。1〜2週間に1回の頻度で、各クラブ持ち回りで開催される。

 もちろん、みんながプレーできることが望ましいので、それぞれが選手数に合ったチーム数を登録する。僕の次男が所属するクラブは先日の大会で3チーム登録した。サッカーをしたいからサッカークラブにいる。当たり前のことだが、その当たり前の権利を守ってもらえるから、子供たちはどんどんサッカーが好きになる。

 グラウンド周りのあちこちで大人が「寒いからジャージを着なさい!」と子供を追いかけ、「ちっとも寒くないからいらない!」と子供が逃げ回る微笑ましい光景が広がっていた。試合中はグラウンドで走り回り、休憩時間は友達と鬼ごっこ。次男はチームメイトとグラウンドに寝ころび、ゴロゴロしながら笑顔でふざけていた。無邪気になれる時間。寒さを感じることなく遊んでいられる瞬間。自然に子供らしくいられる、そんな空間が彼らにとってはとても素敵で楽しい。

 この日大会が行われた会場は、16年前に僕がドイツに渡って最初にプレーをしたクラブのグラウンドだった。僕がプレーしたことのある場所で息子がサッカーをしている。満ち足りた気持ちで試合の様子を見ていると、「キチ!」と一人の男性に声をかけられた。

息子のサッカー観戦を通してかつての仲間と約13年ぶりの再会

 最初は分からなかったが、なんとその当時プレーしていた時のチームメイトだった。彼の息子のチームもこの大会に参加しているそうだ。13年ぶりぐらいの再会。僕らはお互い「年を取ったな」と笑いながら、お互いの息子のプレーを目を細めて見つめていた。

 サッカーとは、スポーツとは、その時のレベルや成績が全てではない。帰ってくる場所がある。戻ってこられる場所がある。それこそが一番大切ではないだろうか。僕らの子供たちもやがて大人になり、そしてその子供たちがここでプレーし合うこともあるだろう。全てはつながっているのだなと改めて感じた。

 いつまでも続いていく、長い途上に僕らはみんないる。