現在フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。サンゴ礁が死にマングローブが破壊されて、魚や他の海洋生物が危機に直面しているという。

そんな背景から、フィリピンのパラワン島に建設予定のリゾートホテル「ノーチラス・エコリゾート」は、排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロという徹底的にエコなコンセプトが設定されている。しかし、特筆すべきはそのユニークな形。「ここは、一体どこ?」と呟いてしまうほどに異次元な空間だ。

世界でいちばん美しい島に
ふさわしいデザイン

フィリピンのパラワン島といえば、よく「世界でいちばん美しい」とキャッチフレーズがつく島。その地にふさわしい建築デザインを手がけたのは、ベルギー生まれで、パリを拠点に活躍する建築家ヴィンセント・カレボー率いるヴィンセント・カレボー・アーキテクト。

巻貝をイメージさせる白を基調としたホテルや、回転する構造のユニークなアパートメント・タワー。まるで渦を描いて並んでいる斬新なレイアウトは、フィボナッチ数列という黄金比に基づいているのだとか。ちなみにこの黄金比、人間が美しいと感じる比率なのだそう。

リゾートは、500人以上が滞在できるようにデザインされている。

太陽に合わせて回転する住居用のアパートメント・タワー。建物にいながら、日光浴が楽しめるつくりとなっている。

近未来的で、流線的な構造は、まるで宇宙船の中を歩いているような印象を与える。

エコ・リゾートらしく緑も豊富だ。中央部にあるのは、山をモチーフとした建物。

水辺にはリラックスできるスペースが点在している。ゆったりと過ごすには、もってこいだ。

じつは、山をモチーフにした建物の中はプール。1日遊んでも飽きることがないくらいに広い。

ところどころにあるラウンジスペースもリゾート感たっぷり。この空間で時間を過ごせば、誰もが「帰りたくない」と思ってしまうことだろう。

ホテルのゲストルーム部分は、巻貝をモチーフとしてデザインされたようだ。貝の中で過ごせるとは、なんとも幻想的。

ゲストルームの内装デザイン。モダン、かつ、センスのいい空間は、どこまでも開放的な気分にさせてくれるはず。

これ、素材のほとんどが
リサイクル品

斬新なデザインに圧倒されるが、それ以上に驚かされるのは、素材のほとんどがリサイクル品を使用して設計されている点。このノーチラス・エコリゾートは、総面積が27,000屬發△襪修Δ世、徹底的に環境に配慮したリゾートとなっている。

リゾートとリサイクル品って、あまり結びつかなかったけど、このカップリングこそ、今後のスタンダードになっていくかもしれない。

Licensed material used with permission by Vincent Callebaut Architectures