魯報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は31日の定例会見で、同日に韓国と中国の両政府が発表した関係改善関連の協議結果について、「双方の立場をバランス良く反映するため、最善の努力をした結果」と述べた。

 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備問題で関係がぎくしゃくしていた両国は同日、あらゆる分野の交流協力を正常な発展軌道へと速やかに戻すよう合意したと発表した。

 魯報道官はTHAAD配備で中国が取った報復措置により韓国側が受けた被害に関する立場が盛り込まれなかったことに関しては、「韓中関係を正常化させ、国民と企業が直面している困難を早期に解決することが重要と認識し、両国間で共通認識を導き出すことに重点を置いて交渉に臨んだ」と説明。その上で、「韓中関係は正常化の道に入った」との認識を示した。

 また、「(両国の)国防当局間の交流も続けられることが期待される」として、具体的な措置などについては「時間をかけて見守ってもらいたい」と述べた。