統一部の趙長官=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官は31日、南北対話に関し「意味のある対話の水準まではいっていないが、意味ある対話の水準にするために多角的な努力をしている」と述べた。国会外交統一委員会による同部への国政監査で南北対話を試みるべきだと指摘され、具体的な言及は難しいとしながらも政府としてさまざまな努力をしていると強調した。

 北朝鮮への特使派遣の可能性については、「北の核問題や南北対話の再開に取り組む上で北への特使が必要な状況と条件になれば、政府は迷わず特使を派遣する用意がある」と答えた。

 また、北朝鮮との経済協力事業で現在は操業を中断している開城工業団地で、北朝鮮が工場を無断で稼働しているとされる問題に関し、国際法的な措置が必要と指摘されると、「そうした状況も検討しようとしている」と答えた。同工業団地に拠点を構え、操業中断により損害を被った韓国企業への支援については、「近く関係官庁の協議結果を企業に説明し、国会にも報告することができると思う」と述べた。