黙示録か!? 空に広がった異様な雲を、女性カメラマンが撮影

写真拡大

雲は時として、自在に形を変え、空の表情を大きく変化させます。2017年8月31日、アメリカ・ジョージア州ハインズヴィルの上空をおおった雲は、まるで世界の終末を思わせるほど不気味な形をしていました。

この街に住む女性カメラマンは、住宅街のすぐ上まで降りてきているように見える雲に胸騒ぎを覚え、思わず動画で撮影しました。

これは『アーチ雲』『棚雲』と呼ばれる、雲の不完全な形のもの。積乱雲などの底にできるものです。

アーチ雲が空をおおう前後の時間には激しい対流が発生し、移動することから、突風や大雨、雷、ひょうなどの荒れた天気が発生することが多いようです。

まるで巨大な波のように住宅街におおいかぶさる雲を見て、男の子も驚きの声を上げています。

ジョージア州では夏の時期は雷雨も珍しくはないようですが、そんな街の人でさえ驚いたこの雲。何事もなかったようで、幸いでした。

[文・構成/grape編集部]