疲労の影響は? 浦和から最多5名選出…ベルギー戦から中3日でACL決勝へ

写真拡大

 日本サッカー協会は31日、11月10日のブラジル代表戦、14日のベルギー代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。

 浦和レッズからGK西川周作、DF槙野智章、MF遠藤航、MF長澤和輝、FW興梠慎三の最多5名を選出。18日にはAFCチャンピオンズリーグ決勝の初戦が控えており、ベルギー戦から中3日で敵地での決戦に挑むこととなる。

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「詳細は控える」と述べた上で、「代表が何をするべきかで判断した。まずは自分の家(日本代表)を考える」とコメントした。