愛媛FC、GK阿波加俊太が左ひざ後十字じん帯損傷…約4週間の離脱

写真拡大

 愛媛FCは31日、GK阿波加俊太が左ひざ後十字じん帯損傷で全治約4週間と診断されたことを発表した。同選手は26日のトレーニングで負傷した模様。

 阿波加は1995年生まれの22歳。コンサドーレ札幌の下部組織出身で、2012年にトップチーム昇格。その後SC相模原やHondaFCに期限付きで移籍し、今年4月からは愛媛FCに期限付きで加入している。今季は公式戦の出場はない。

 愛媛は明治安田生命J2リーグ第39節を終えて、13勝8分け17敗の勝ち点「47」で16位。次節は11月5日、徳島ヴォルティスとのホームゲームを控えている。