画像提供:マイナビニュース

写真拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは、フランスを代表する3ブランドのブースでそれぞれのジャパンプレミアモデルを発表した。

プジョーはマイナーチェンジした新型「308」を発表。フロントグリル、バンパー、ボンネットなどを変更し、プジョーの最新デザインコードを反映したシャープで高級感のあるエクステリアとなった。LEDヘッドライト/フォグランプや、プジョー初の「シーケンシャルインジケーター」(流れるような点滅効果のあるターン・インジケーター)を採用し、先進的なイメージを演出している。

搭載されるエンジンは1.2リットル3気筒ガソリン、1.6リットルと2.0リットルの4気筒ディーゼル、それに「GTi」に搭載される最高出力270PSの1.6リットル4気筒ターボがある。ラインアップは8モデルで、トランスミッションはすべて6速ATとなった。

シトロエンは「グランド C4 ピカソ」の限定車「DUNE BEIGE」を発表した。最高出力150PSの2.0リットル4気筒ディーゼルエンジンを搭載した「グランド C4 ピカソ BlueHDi 150 S&S 6EAT」をベースモデルとし、ダッシュボードやドアトリムカラーを上級のナッパレザー仕様車相当としている。シートは肌触りを重視したベルベット調とするなど、全体的に質感を向上させている。

シトロエンから生まれたプレミアムブランドのDSは、フラッグシップとなる「DS 7 クロスバック」を発表した。いわゆるプレミアムSUVに分類される堂々とした5ドアのボディを持ち、これまで優美さを特徴としてきたDSブランドのモデルとは一線を画す力強さを感じさせる。六角形のフロントグリルと、その両サイドに広がるクロームパーツはDSウイングと名づけられ、今後のDSブランドのアイデンティティとなる。

日本で発売される「DS 7 クロスバック」はまず、限定モデルの「DS 7 クロスバック LA PREMIERE」からとなる。同モデルは225PSの1.6リットルターボエンジンを搭載し、8速ATと組み合わせる。限定40台で、インターネットで予約注文を受付中だ。