好調の長澤和輝&森岡亮太を招集…ハリル「あとはチャンスを掴むだけ」

写真拡大

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、11月10日のブラジル代表戦、14日のベルギー代表戦に臨むメンバー25名を発表した。

 香川真司(ドルトムント/ドイツ)や本田圭佑(パチューカ/メキシコ)ら常連メンバーが外れた一方、森岡亮太(ワースラント・ヴェフェレン/ベルギー)、長澤和輝(浦和レッズ)といった好調を維持する選手たちを招集した。

 今シーズンからベルギーでプレーする森岡は、ここまで6得点6アシストと結果を残している。ハリルホジッチ監督は「そこまで興味深く知らなかった」と明かしたが、「ベルギーに行ってからパフォーマンスが上がっていて、現地での報道はポジティブなものばかり」とコメント。「最後のパスと得点。オフェンシブについては評価したい」と招集の理由を語った。その一方で「まだまだ伸ばすべきところもある」と言及し、就任から強調している「デュエル」をさらに求めることを明かした。

 長澤は今季から浦和に加入するも、明治安田生命J1リーグでは第23節まで出番なし。AFCチャンピオンズリーグ準決勝・上海上港戦でチャンスを掴むと、好パフォーマンスを披露し、以降はレギュラーに定着。29日に行なわれた第31節のサンフレッチェ広島戦では決勝点を挙げた。ハリルホジッチ監督は長澤について「ここ4、5試合はいいパフォーマンスを見せている。守備も攻撃できて、運動量も豊富な選手」と評価。日本代表に定着するため、「あとは彼がチャンスを掴むだけ」と事前合宿での奮起を促した。